けちけち コスパ 旅行 日常

【完全保存版】ドンムアン空港→シラチャ/パタヤの行き方

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

超ドタバタでなかなか更新できていなかったんだけど、やっと落ち着いたので、ドンムアン空港からシラチャ/パタヤまでの行き方を載せるね‼

何をそんなにドタバタしていたのかは次回書くとして、この記事は完全保存版なので時事的なことは書かずに早速行き方について紹介するね😉

シラチャ/パタヤまで行く方法

ドンムアン空港からシラチャまで行く方法は、下記があるよ。

①運転手さんに乗せてってもらう
→これは駐在員やその奥様なら可能な方法。でも誰でもこの方法が利用できる訳ではないし、平日の昼間だと無理なこともあるよね😔

②送迎会社にお願いする
例えばこの辺りでシラチャまで送ってくれる会社でサリーがおすすめするのは、オールパタヤの空港送迎サービス。

日本語で予約できるし、値段もシラチャにいくつかある送迎会社の中では安いし、サリーの友達が使っているけど、評判は増すばかり📈

ただ、値段は・・・

1番安いセダンタイプの車を使った場合でも、およそ2,000バーツ≒7,000円。更に深夜0時~早朝6時までは+100バーツかかるよ。

カオマンガイ50杯分(1杯40バーツ×50日分)と考えると、相当高いよね😖

③Grabで行く
Grabアプリを使って行く方法があるよ。この場合、かかる料金は例えばドンムアン空港からシラチャの中心にあるロビンソンまでで、1,789バーツ≓6,125円😖パタヤまでだ2千バーツを超えるよ。

シラチャの場合だと②の送迎会社にお願いする方法より200バーツ程安く思えるけど、Grabの場合は高速代金は別途かかる

ドンムアン空港からシラチャ/パタヤまでだと高速代金も結構かかるから、Grabで行くぐらいなら②で事前に予約した方が安心だし、運転手さんも嫌な顔をしないので良いとサリーは思う。

④公共交通機関で行く
今日サリーが説明するのはこの方法。①~③までは他力本願なので、お願いすればあとは運転手さん任せ。

なので特に詳細を説明する必要は無いけど、公共交通機関は全て自分で動く必要があるので、サリーが詳細に公共交通機関の行き方を書くね。

サリーは既に20回以上はドンムアン空港とシラチャを公共交通機関で移動しており、自称「ドンムアンの達人」なので(笑)、何か分からないことがあれば何でも聞いてね😊

公共交通機関で行く方法

さて、ドンムアン空港からシラチャ/パタヤまで公共交通機関で行く方法だけど、実はシラチャまで一発で行く方法はない

ドンムアン空港→モーチットバスターミナル→シラチャ/パタヤ

と乗り継いで行くのが、1番簡単で、1番安い方法だ。

さて、そんなこんなでまずはドンムアン空港→モーチットバスターミナルに移動する必要があるので、その行き方について説明するね😄

ドンムアン空港→モーチットバスターミナル

まずはドンムアン空港からモーチットバスターミナルまで移動する必要があるよ。

ドンムアン空港からモーチットバスターミナルまではバスで30バーツ≓100円で移動できるよ。

国際線の場合は、荷物を受け取って税関ゲートを出たら左手の方向に進んでね。すると、

Amariホテルがあるので、その横にある「5」と書かれたドアから外に出るよ。

尚、国内線の場合でも歩いてこのドアまで移動してきた方が良いよ。なぜかは後で書くね。

「5」のドアを出ると、「AOT」と書かれたバスの看板があるのでそこでバスを待つ。

ちなみにこのバス乗り場から出ているバスは全部で4種類。

●A1バス:ドンムアン空港→モーチットバスターミナルまで
→7時~深夜0時まで5分ごとに運行しており、30バーツ
→途中でBTSモーチット駅にも停車する

●A2バス:ドンムアン空港→ビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)まで
→7時~深夜0時まで30分ごとに運行しており、30バーツ

●A3バス:ドンムアン空港→ルンピニ公園まで
→7時~23時までで運行間隔は不明だけど、50バーツ

●A4バス:ドンムアン空港→カオサンまで
→7時~23時まで運行間隔は不明だけど、50バーツ

シラチャまたはパタヤまで移動したい場合はモーチットバスターミナルまで行く必要があるから、A1バスに乗るよ。

バスに乗る時の注意事項

A1バスには、【BTSモーチット駅までしか行かないバス】と、【BTSモーチット駅を経由してモーチットバスターミナルに行くバス】の2種類のバスが混在して走っているよ。

サリーは最初このことを知らなくて、ある日のんきにバスに乗っていたらBTSモーチット駅で強制的に降ろされたよ。仕方無くBTSモーチット駅からモーチットバスターミナルまでのバスを新たに捕まえて無事にモーチットバスターミナルに着いたんだけど、10バーツ程余分に払わされたよ😣旅行者とかがこの状況に陥ったら結構不安になると思う☹

途中で降ろされると、こんなにもバスが来るバス停でモーチットバスターミナル行きのバスに乗らないといけないので、ちょっと大変・・・。

それを回避する為にもモーチットバスターミナル行きのバスに確実に乗らないといけない。

BTSモーチットバスターミナル止まりのバスは、前の窓ガラスにBTSモーチットまでって書かれた手書きの紙が置いてあるんだけど、タイ語でしか書いていない場合もあるので、バスが来たら運転手さんか運賃を回収する係の人に「モーチットソーン?」と聞いてね。この係の人達は慣れているから、「パッタヤー」とだけ単語で発音しても大丈夫。シラチャはちょっとマイナーだから、取り敢えず不安なら「パッタヤー」と聞いておけば、OKか駄目かを教えてくれるよ。

OKなら、バスに乗ってね。

バスに乗ったら、料金を回収する係の人が来るよ。

制服を着ている、長い小銭入れ持った方がジャラジャラ鳴らしながら近付いてくるから、自分の前に来たら30バーツを払ってね。

そうそう!!バーツで支払う必要があるから、タイバーツを持っていない人は空港で最低限のバーツに両替しておく必要があるよ。但し、空港の両替はかなりレートが悪いので、せいぜい1000バーツも両替しておけば十分足りると思う。

バンコクの市内バスもそうだけど、バスの運賃を徴収する係の人は、

動いているバスの中で、こんな感じでお釣りとして渡す為のお札を芸術的に持ちながら、シルバーの小銭入れをパクパクさせながら上手に切符を破って渡してくれるよ。

あとはのんびりバスに乗っていれば良いんだけど、

バスはこんな感じでかなり混んでいるよ。

なので、最初のサリーのアドバイスが重要になるの。

このA1バスは、国際線の5番ドアが始発で、その後国内線の乗り場を経由してモーチットまで行くよ。ドンムアン空港からモーチットバスターミナルまでは高速で移動するものの、なんだかんだで30分ぐらいかかる。

その30分間混雑したバスで立ちっぱなしなのは大変だし、大きなスーツケースは邪魔になるので、国際線の5番ドアから乗ってスーツケースを数少ない荷物置き場に置きつつ、席を確保すれば快適に移動できるの😄なので国内線の場合でもAmariホテル横のドア付近のバス乗り場から乗るのがオススメなんだよ。

そんなこんなでバスに乗っていると、まずはBTSモーチット駅でバスが停車するよ。サリーの肌感覚ではここで8割~9割のお客様が降りるけど、シラチャ/パタヤに行きたい人はこの流れに流されずにバスに乗り続けてね。

そうすると、モーチットバスターミナルに停まるよ。

たまに、その間でお客さんを乗せる為に停車したりもするから、Google Mapでモーチットバスターミナルを検索しながら降りる場所を判断するのがベストだけど、通信環境が使えない人は、運転手さんとかに「パッタヤー」ととにかくアピールしておけば、バスターミナルに到着すれば教えてくれるよ。

モーチットバスターミナル→シラチャ/パタヤ

モーチットバスターミナルの付近に着いたら、こんな建物があるので探してね。

ところでモーチットバスターミナルなんだけど、かなり大きいバスターミナルで、ここからチェンマイやプーケットはもちろんのこと、ラオスやカンボジアなどの国際線のバスも出ているので、初めてくるとかなり戸惑うよ。

なにせ、こんな小さな切符を買う売り場が1Fにも2Fにもバーッって並んでるの‼

でも、安心して。サリーが最も分かりやすい行き方を説明するからね。

モーチットバスターミナルにはいくつか入口があるので、まずはこの入口を探して入ってね。

入口では荷物検査をやっていることもあるから、もしやっていたら荷物を検査してもらってね。何も言われなければそのまま通過して、よそ見をせずにすぐに右側を向くよ。

そうすると、こういう景色が見える。

もしこういう景色が見えない場合でも、売り場には番号が振ってあるから、角にある48Dの売り場を目指せばOKだよ。

この48Dの売り場ではパタヤ行きのチケットが買えるよ。

高速で行くバスは128バーツ≓440円、高速を途中で降りてシラチャ経由で行くバスは119バーツ≓410円だよ。

尚、どちらか好きな方を選べるわけじゃなくて、19時以降は強制的にシラチャを経由する119バーツの方のバスになるよ。尚、始発は5時頃、終電は22時だよ。

そして、シラチャ行きのチケットの場所は、このパタヤ行きのチケット売り場の4つ隣だよ。

売り場の番号は48番

シラチャ行きは97バーツ≓330円。窓には次に出発する時刻が貼ってあるよ。(写真の場合だと、次は15時発ということ)

さて、シラチャ行きの運航時間は、

始発は月曜日のみ4:30、火曜日から日曜日までは5時だよ。

終バスは毎日20時まで。

もし20時から21時までにここに到着した場合は、前述したように48Dのチケット売り場でパタヤ行きのチケットを買うと、途中でシラチャを通るよ。念の為「パイ シラチャー マイ?(シラチャに行きますか)?」って聞くと良いかな✨

チケットを買うと、机にはバスを乗る場所の番号が書いてあるのでチェックしてね。

シラチャ行きのバスの場合は、14番乗り場から乗るよ。バスの乗り場もかなりたくさんあるから、早めに移動してね。

モーチットバスターミナルの施設

モーチットバスターミナルにはいくつか施設があるよ。

例えばセブンイレブン。

なんと2個もあるよ(笑)

チケットを買う側にもあるし、バス乗り場に向かう途中にもあるよ。

その他、ダンキンドーナツやフードコートもあるので、長距離移動の前に飲み物などを確保してね(但しバスの中は寒いよ)。

バス乗り場に移動

バス乗り場に移動する際は、まずはダンキンドーナツの方を目指してね。

広告は代わる可能性ありだけど、右奥に見えているダンキンドーナツは少なくてもここ3年はここにあるよ。

この場所の先、左手にトイレがあるよ。

トイレは和式がメインだけど洋式も少しだけある。但し、トイレットペーパーは常備していないので自分で準備してね(トイレの入口では売ってない)。トイレットペーパーはセブンイレブンでも買うことができるよ。

トイレを出て、フードコートの方に移動すると、写真のような小さなドアがあるから、ここから外に出るよ。

手前にも横断歩道を渡った奥にもバスの停留所番号があるので、自分で探してね。尚、シラチャ行きのバスの場合は簡単だよ。

このドアの先にある横断歩道を渡りきると、右手に16番からのバス乗り場、左手には14番のバス乗り場があるよ。

バスのチケットには座席番号があるんだけど、モーチットバスターミナルからシラチャに行くバスに限っては、座席指定は無いよ。

一応席には番号がふってあるんだけど、なぜかこの区間のバスは自由席なので好きな席に座って良いと毎回言われるの(笑)

そして、バス中にはトイレがあるにはあるんだけど・・・

カギが閉まっていて使えないようになっているので、実質は無いような物だね(笑)

シラチャ行きならロビンソンの前では必ず停車するし、そうじゃなくてもスクンビットの降りたい場所で好きに降りることができるよ。

降りたい時は「ジョート ティーニー(ここで停めて)」とか、「ジョート シー イェーク ナー(前の交差点で停めて)」とか言えば、停まって降ろしてもらえるよ😊

まとめ

今日はドンムアン空港からシラチャ/パタヤまで公共交通機関で移動する方法についてまとめたよ。

公共交通機関を使えばわずか127バーツ≓435円でシラチャまで移動することができるから、けちけちサリーはいつも公共交通機関で移動してるよ✨

難点は、終バスが22時で終わりという所なんだけど、更に裏技でBTSモーチット駅からBTSエカマイ駅まで移動して、エカマイバスターミナルから移動すればパタヤの場合は終バスが23時まであるよ(シラチャは21時)。

シラチャに移動したい場合でも、一旦パタヤまで移動しておいてからGrabで移動するなどすればかなり交通費をおさえることができるから、夜に困った場合はこの方法を検討してみてね😉

尚、このバスは大きなスーツケースなどを持っていても大きなトランクが付いているので1回も荷物代金を取られたことは無いよ😆

移動にかかる費用を抑えたい人は、是非公共交通機関で移動してみてね😄

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-けちけち, コスパ, 旅行, 日常
-,

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.