タイ 料理 日常

【Kru Aor's House】バンプラの美味しいベトナム料理

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

最近サリーの周りを取り巻く環境に色々変化があり、なんだかんだとバタバタ💦多分サリー、暇な星の下には生まれてないんだと思う…。

さて、今日はベトナム料理屋さんを紹介するね😉

紹介するレストランの名前

今日紹介するレストランの名前は、「Kru Aor's House

おいおい、一体どうやって読むんだいとい感じだと思うんだけど、こちらの店名のカラクリはこんな感じ。

Kru:タイ語の読み方:クルー 意味:先生
Aor:タイ語の読み方:オー 意味:オーさん(人の名前)
House:英語の読み方:ハウス 意味:家

…という事で、「オー先生の家」となります。

蓋を開ければ結局タイあるあるの人の名前が付いた店というオチ(笑)

クルー オー ハウスの場所

Kru Aor Houseはシラチャからスクンビットをバンコク方面に進むと、バンプラ辺りにある。

スクンビット沿いにあるので、分かりやすい。駐車場は無いけど、お店の前に車を停めることができるよ。

Kru Aor's Houseの外観

さっきはお店の名前をカタカナで書いてみたものの、やっぱり英語で書いた方がしっくり来るのでここからは英語に戻すね😁

Kru Aor's Houseの外観がこちら。緑の看板を目印に行くのが吉。

 

真正面から見ると、レンガの所にはベトナムに行った事がある人なら分かるあのお馴染みの帽子が描かれている。

Kru Aor's Houseの雰囲気

続いてはお店の雰囲気。

ドアを開けると、お店はこんな感じに細長い。1個1個の席が独立している感じで居心地が良い😊

そこら辺にあるタイ料理屋さんはタイルや石の床な事がほとんどだけど、こちらのお店は床が木の素材という事もあり温かみがあって、綺麗な印象✨

入口すぐには、お菓子やカゴのバッグなど色々気になるグッズも置いてある。

 

サリー達は11時半頃お店に到着して、この日の1番乗り🎵

5人で来て、こちらのテーブルをチョイス!!

大きい机にして大正解💯今回一緒にランチをしたメンバーは、いっつも分かっているのに調子に乗って頼みすぎてしまう。そして今回も案の定たくさん頼んだ(笑)

で、最終的には机の上いっぱいに料理が並ぶことに😁

Kru Aor's Houseのメニュー

Kru Aor's Houseの全メニューがこちら(タッチすると大きくなるよ)。

実際に頼んだ料理

ここからは実際に頼んだ料理を色々紹介するね🙂

水&氷

お水のペットボトルは大きいのがあるか聞いたけど無いとの事。1本15バーツ≓60円。氷はコップ1杯に満タンに入った状態で3バーツ≓12円。今回はコップ5個なので氷代は3バーツ×5個 = 15バーツってな具合。

氷がたっぷり入っていたので、ペットボトルは2本で十分だった(けちけちなサリーにとってはお水や氷の料金も大事な情報)。

ネームヌアン[5本セット]:220バーツ≓850円

ベトナム料理を食べるにあたって、この料理は超重要!!この料理を頼まずしてベトナム料理は語れない!!…というのも大袈裟では無いぐらい、ベトナム料理屋さんに来たほぼ全員がこの料理を頼む。

ネームヌアンが正式名称だけど、日本人には「ベトナム風生春巻き手作りバージョン」と呼べばしっくり来ると思う。奥に見える花瓶に見えるものは決して観葉植物🌱ではなく、レタスやバジルなどをちぎって巻き巻きして食べるのだ。

実際に友達と話す時は

あの巻き巻きするの絶対頼も~ 💕

ってな具合になる(笑)

サリー達は5人で来たので、5本セットのものをチョイス。こちらの本数はこの料理のメインとなるネームと呼ばれるソーセージの本数とリンクしており、2本セットなら120バーツ、3本セットなら150バーツという料金設定になっている。

食べ方は超簡単。生春巻きの皮(こちらのお店では1セットあたり8枚付いてくる)の上に、レタスやバジル、ネーム(ソーセージ)やきゅうりなどの具合を色々乗っけたらタレを付ける。このタレも超重要。全く辛く無くてすごく美味しい甘めのタレなので、絶対に付けてね!!!!

こんな感じだよ。

写真ボケとるやないか~い!!

エヘ!!

観葉植物風味の野菜セットの中にはパクチーファランと呼ばれる超強力なパクチーも混ざっているので、パクチー嫌いは注意してね。

ふぅ、1品語るのに長くなりすぎたので、次!!

揚げ春巻き:110バーツ≓420円

食べやすい大きさにカットしてくれている上、5人いるので10等分に切られているというナイスな対応(たまたまかもw)。具は日本の春巻きと違って肉の感じは全く無くて、春雨の春巻きを食べているような感じ。

美味しい😋

ベトナム風サラダ:120バーツ≓460円

ネームヌアンでサラダは十分食べられるというのに、こちらも頼んだ(笑)

レタス、キュウリ、トマト、人参、タマネギに加えて、ゆで卵や厚揚げ豆腐などがある。5人で分け分けして食べるので、前菜的な感じ🥗サリーは食べてないんだけど、タマネギがめっちゃ辛かったらしい。タイってタマネギを水にさらすっていう習慣が無いよね🤨

フォー(海老):90バーツ≓350円

ベトナム料理と言えば、生春巻きに続いて思い浮かぶのがこちらのフォー。いわゆるベトナム風ラーメン。

せっかくなので麺類も食べよう🎵という事で頼んだ。

プリップリの海老が5匹あったので、5人でちょうど1匹ずつ食べることができて、良い感じ🙂

汁無し麺:110バーツ≓420円

素麺のような麺の上に豚肉がたっぷり乗っていて、なんだかお得感がある😍麺も良い感じに四角くまとめられた状態のものが重なっていたので、くっつくこともないし分けやすくて良かった。

バインセオ:130バーツ≓500円

日本語名にするならベトナム風お好み焼き。

このパリパリに焼かれた生地の中、見たいよね😆!?いいよ、見せてあげる。

こんな感じ。プリップリの海老やらその他よく分からない物が色々入っている(適当w)。

オーダーするときにパクチー入っているか聞いたら入って無いって言ってたのに、パクチーが入ってた💀まぁサリー以外のメンバーはパクチー食べられるから良かったっちゃ良かったんだけど、相方と2人で来たとしたら2人共パクチー嫌いだからこの料理は頼めないな😑

こぼれ話

今回ベトナム料理を食べに行ったメンバー5人は、5人共タイ在住歴が5年クラスというメンバー。タイはすっかり慣れっこのメンバーなんだけど、みんなこちらのお店が美味しいと聞きつつもこれまでなんだかんだとこのお店に来る機会が無かったとの事。サリーも1年目に行ったっきりその後1回も行ってなくて、久々の来訪だった。人気があって美味しいベトナム料理という言葉だけは周知の事実なんだけど、みんな美味しいと評判の割に意外にお店には行ってなかったのがなんだか笑えた😆

まとめ

今日はバンプラにあるシラチャの奥様方の間では"美味しい"と評判のベトナム料理レストラン「Kru Aor's House」について紹介したよ。

日本に住んでたらベトナム料理って5年に1回も食べないんだけど(いや、今まで1回も食べたこと無いかもw)、タイにいると隣国の料理が手軽に食べられるっていうのはとっても幸せな事💕

まぁ隣国という事もあり、どれもタイ料理に似てるっちゃ似てるんだけどね(笑)タイ料理と比べると、自分で巻いたり混ぜたりとわちゃわちゃしていて、忙しかったけど楽しかったよ😁

皆様も是非食べに行ってみてね。

それでは、またね😉

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-タイ, 料理, 日常
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.