タイ 日常

そうだ、バイクの免許を取ろう[2] ~診断書の巻~

投稿日:

そうだ、バイクの免許を取ろう😏

そう思い立った私は、必要書類の1つである診断書を取りに行く為の調査を開始した🧐

サリーはけちけちなので、診断書を取るのに必要以上に高い料金を払うなんて絶対嫌。だから下調べはとっても大事。

探していると、やはりバンコクの情報量は多くて羨ましくなる。パタヤの情報も2~3は見つかる。でも検索でヒットした情報を上からいくつか見るもシラチャのクリニックに関する情報は無い・・・😩

取り敢えず分かった事は、パヤタイ病院やサミティベート病院などの大病院で取ると激高だという事。あと、タイの相場は最安値は80バーツで平均100バーツぐらいだという事。

実は私はタイの自動車運転免許は取得済みで、その時にすでにクリニックについては一度調査済み。シラチャ界隈で一番安かったのは150バーツだったと記憶している。前のクリニックに行くかと思いながらも、最近イオンシラチャ付近にクリニックが増えたので、念の為値段を聞こうと「ケンヘルスケア シラチャクリニック」を訪れてみた。

入口でタイ語を喋るもなんとここの受け付けの通訳さん、とっても日本語が上手でした。そこで、運転免許に必要な診断書の料金を聞くと「200バーツ」との回答。

相場の2倍か・・・。でもこの辺は全部それぐらいが相場なんだろな。

「もう良い!! 前行ったクリニックなら勝手も分かるし、前行ったクリニックに行こう」と決め、前行ったクリニックに向かう。

場所は、トゥッコムのすぐそばのここ。

トゥッコム入口にあるセブンイレブンの隣にあるPOLY CLINIC AT SRIRACHA。ドアを開けるとすぐ入口にこの受け付けがあるので、

ここで「コー バイラップローンペーット カー(健康診断書を下さい)」と告げると用途を聞かれるので「バイカップロット(運転免許証)」とハンドルを回すジェスチャー付きで伝えると、申込み書のようなものに名前を記載するように言われるので記載する(実はこの書類は健康診断書そのもものだった)。この際、パスポートの提出も求められた。

それから、口頭で身長や体重を聞かれるので答える(タイ語が分からなくても相手がジェスチャでやり取りしてくれるので何とかなる)。

そして診察室の前で待つように言われる。

⬆昔の診療所のようなレトロな雰囲気。ドアの付近で待っていると、そのうち名前を呼ばれる。

部屋に入ると手動で血圧を測ってもらい、更に白衣を着たおばあちゃん先生が服の上から聴診器をあてる。椅子をそのままクルクル回され、背中にも服の上から聴診器をあて「セットレーオ(完了)」と言われ、部屋の外で待つように言われる。

しばらく待つと、また受付付近で名前を呼ばれるのでパスポート、健康診断書を受け取り150バーツを払って見事完了!!

受け取った健康診断書はこんな感じ。

さて、まだまだ書類は必要!!・・・という事で、続いては居住証明書の巻だよ。

---

準備の巻を見たい方はこちら。

そうだ、バイクの免許を取ろう[1] ~準備の巻~

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-タイ, 日常
-, ,

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.