けちけち オーストラリア コスパ 旅行 日常

オーストラリア旅行~5日目~

投稿日:

こんばんは、サリーだよ🙂

オーストラリア旅行のブログも5日目。キャンピングカーとお別れし、22時間長距離バスの新たな旅が始まるよ。

オーストラリア旅行5日目。2019年4月18日(木)。

キャンピングカー旅行準備編

そうだ、キャンピングカーで旅行しよう ~場所決め編~
そうだ、キャンピングカーで旅行しよう ~キャンピングカー探し編~
そうだ、キャンピングカーで旅行しよう ~キャンプの準備編その1~
そうだ、キャンピングカーで旅行しよう ~キャンプの準備編その2~

起床

オーストラリア旅行~4日目~で書いた通り、前日は23時頃に就寝したサリー達。

この日はキャンピングカーを15時までに返却する必要があったので、返却時間から逆算すると7:00に出発すれば大丈夫そうということで、6:45に起床したサリー達。

普段朝食を食べないサリーに合わせ、朝食は食べずに歯磨きやトイレを済ませて7:00頃に予定通りキャンピングサイトを出発した。

アリススプリングスへ移動

キャンピングカーを返却する前に、アリススプリングスにある3日目に行ったあの素敵なバーベキュー場でバーべキューをしてから車を返却することにしたサリー達。アリススプリングスまで300Km程の道のりを運転する。300Kmなんて今までの運転距離に比べたら楽勝🙂

という事で、ちょっと息抜きにオーストラリアの情報を書くね😆

これはオーストラリアの道路にある「動物飛び出し注意🐮」の看板。カンガルーはマジで飛び出してくるから要注意⚠カンガルーの看板はいかにもオーストラリアって感じだよね😆1番左のは走行してる時は牛の親子の看板かなぁと思ったんだけど、今改めて見てみると、牛の右側の小さいのは何かモフモフした感じがあるから羊なのかなぁ・・・。真ん中の看板も牛に見えるけど、左の看板の牛と比べるとツノと尻尾の形状が違うという芸の細かさ。何と乳まで精巧に描かれてるけど、乳牛かな(笑)それにしても大体こういう看板があるのは制限時速100Kmとか130Kmの道路だからどう考えても牛の乳まで走行中に認識できないと思うんだけど、オージーも実は真面目で手抜きできない国民性なのかな😏まぁサリーがこのブログで触れたことで少しは報われるでしょ(笑)

続いてもオーストラリアならではの一品を紹介するね。それがこれ。サリー達が移動したダーウィンからアリススプリング、ウルルまでの道中は街以外は携帯の電波がほぼ圏外・・・。そこで登場するのがこれ⬆

これは道中にあるちょっとしたパーキングエリアなんかでたま~~~に見かける「Mobile Phone Hot Spot」。携帯電話が圏外でもこの四角のセメントで囲まれた場所だけは携帯の電波が繋がるエリアという事らしい。多分地上の電波を人工衛星を経由してこのパラボラアンテナみたいなので受信することで電波を使えるようにしているんだと思う。

サリーはこういうの大好きなので早速試してみた。

・・・。

・・・。

・・・。

変化無し💦使えるって書いてあったけど、5分ぐらい待っても電波は全く入らなかったよ。・・・という訳でこれからオーストラリアに行くことがあってこれを見つけても、期待しない方が良いよ😑

・・・ということで、話を戻すと4時間程運転して11時頃にアリススプリングスの街に到着した。

そしてバーベキュー場に向かう途中にキャンピングカーのオフィスがあることが分かったので、オフィスに寄って返却時にすべきことなどを確認した。

●返却時にすべきこと
・ガソリンを満タンにする
・LPガスを満タンにする
・車内のみを清掃する

の3点をやれば良いらしい。ガソリンと掃除は良いとして、今までLPガスを補填したことが1回も無いのでどこでどうやって補填するかを聞いたら、こんな用紙を見せてくれた。ここに行けばLPガスが補填できるらしい。ついでに聞いた情報としては「本来ならLPガスを満タンにせずに返却した場合は20豪ドルかかるんだけど、特別に10豪ドル払えばLPガスを補填しなくても良いよ」。自分で補填してみたかったし、LPガスをそんなに使って無いから自分でやった方が安い気がしたので後で補填しに行くことにした。⬆アリススプリングスでLPガスを補填できるお店のリストと営業時間。

知りたい情報は全て分かったので、キャンピングカーのオフィスから5分程離れたバーベキュー場(Telegraph Station Historical Reserve)に向かった。

キャンピングカー生活最後の食事

さてさて、12時頃にバーベキュー場に着いたサリー達。丁度良い時間だからか、この前来た時とは違って3組程が既にバーベキューを始めてた。

サリー達も1回ここでバーベキューをやったから慣れたもの。この前と同じように肉を焼いた。

今回はチーズをのせて焼いてみたよ。う~ん、やっぱり美味しい❤ソーセージも焼き加減が丁度良くて最高😋

でも今回も前回と同じくハエはすごいので、やっぱりウチワをあおぎながらの食事だったよ(笑)

そんなこんなで13時30分頃に食事を終えたサリー達は、片付けをしてキャンピングカーの清掃を始めた。今回のキャンプは帰りの荷物を減らそうと思って捨てても良いTシャツを持って行ったので、着終わったそのTシャツを公園の水道で濡らしてキャンピングカーの車内の床を拭き掃除した。「こんなに綺麗に掃除して返却する人いないよね~」って自我自賛したわ(笑)Tシャツも心おきなく捨てれたし、なんだかスッキリ😊

そして、更にこの後始まる長距離バスでの移動に備えて、夕食・昼食にするべくサンドイッチを残った材料で作った😉アルミホイルで1個ずつ包んで持ち運びできるようにした。

作ったサンドイッチは3種類×2人分。

・スモークサーモンとクリームチーズ、ルッコラのサンドイッチ
・生ハムとルッコラのサンドイッチ~マヨネーズがけ~
・サラミとスライスチーズ、ルッコラのサンドイッチ~ピザソースがけ~

これで2日目にスーパーで買った材料も全て使い果たした。

※念の為書いておくと、サリー達は簡易のクーラーバッグを持って行ったので、そのクーラーバッグにサンドイッチを入れて移動したよ。

ガソリン・LPガスを満タンに

昼食を終え、レンタカーの車内の掃除も終えたサリー達。あとはガソリンとLPガスを満タンにすれば返却できる。

・・・ということで、さっきキャンピングカーのオフィスで教えてもらったリストの1番上の「Caltex」ってのがガソリンスタンドだから、ガソリンとLPガスの補填が両方済ませられるということで、「Caltex」に向かった。

そして、ガソリンを満タンにした後LPガスを補填したい旨を伝えると・・・。

ここではできない」との回答。

ここでできるのはLPガスタンクごとの交換のみなので、今使っているLPガスタンクにLPガスが残っていても満タンのタンクと交換するという方法しか無いんだって。だけど、キャンピングカーに付いてるLPガスタンクが容量が小さいタイプでここのガソリンスタンドには置いて無いから交換ができないという事だった。

色々勉強になるなぁ・・・📝

そんなこんなで、なかなか思う通りには進まないんだけど、リストの2番目に書いてあるお店に行ってみた。するとここではできるという事が分かったよ。

そしてLPガスを補填してもらう。

・・・も、何か怪しい音・・・💦

入れてくれる係の人曰く、パッキンが悪いらしい。更にLPガスは満タンだから入らないとの事。何とこんなに作業の為に動いてくれたのに無料だった😍10豪ドル払うことにしなくてマジで良かったわぁ😏参考の為に言っておくと、今回の旅でLPガスを使ったのは2回のみで、合計30分ぐらいだと思う。LPガスって意外に無くならないんだね。

キャンピングカーとお別れ

さぁ、この2番目のリストのお店からキャンピングカーのオフィスまではわずか3分。いよいよキャンピングカーともお別れ😢オフィスで返却の為に鍵を返した。

◆最終走行距離4日間で走行した距離は、2453.9Km。ちなみにこのレンタカー、ほぼ無料でレンタルしているということで、走行できる距離が決められている。下記赤枠にあるように、2066Kmまでしか走行してはいけないことになっている。もう少し細かい約款には「決められた距離を超えた場合は1Km超過につき0.55豪ドル払うこと」と決まっていた。

超過することは事前に分かっていたのでもともと200豪ドルぐらいは払わないといけないなぁとざっくり計算してたんだけど、実際にオーバーした距離は388kmなので、213.4豪ドル払う必要があった

この金額を高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだけど、そもそもキャンピングカーは安いタイプの車でも普通に借りると1日100豪ドル以上はするし、あんなに素敵だったウルルに213.4豪ドルで行けたと思えばサリーは安いと思う。

ところが・・・。

なんとこの213.4豪ドル≒15,925円が無料になった‼それというのも、このレンタカーを返却してチェックも終わった後に、この超過分の支払いの話が一向にされないので、サリー達から聞いたのだ。サリーはけちけちだけど、ここはオーストラリア。今払わないことで後で面倒なことになったりすると余計な手間やストレスがたまるので正直に尋ねたのだ。

すると、こんな回答が。

「これぐらいサービス、サービス。払わなくて良いよ~」

おっちゃん、神や🧙‍♀️

こういうのはオージーの島国気質なんだろうか。日本では絶対にありえないよね。だって、213.4豪ドル≒15,925円だよ。「これは車内清掃で車内をピカピカにしたご褒美に違いない」とサリーのテンションはMAXに達したよ。ちなみにこの超過料金は2ヶ月経過した現時点、取られてないよ。

◆ガソリン代の補填
キャンピングカーをダーウィンからアリススプリングスまで運んであげる代わりにほぼ無料で借りれるっていうのが今回の名目なんだけど、実はガソリン代も補填されるプランだった。なんと300豪ドルも補填されるのだ😍

最終日の最後に入れたガソリンだけレシートが残って無いんだけど、それ以外のガソリンのレシートはこの300豪ドルの補填の為にレンタカー会社に渡すので、念の為渡す前に写真を撮影していたので、そのガソリンを計算してみると・・・。

391.5豪ドル

でも、300豪ドル補填してもらえるから実際には91.5豪ドル+最後に満タンにした70豪ドルのみがサリー達持ちのガソリン代って事になる。

う~ん、最高

尚、この300豪ドルのガソリン代は後日(4/24)サリーのクレジットカードにちゃんと返金されてたよ。

さて、今回のキャンピングカーのレンタルに支払った費用なんだけど・・・。

インターネットからキャンピングカーを支払った時点で取り敢えず自動的に100豪ドル引かれるのね。

で、実際には予約手数料20豪ドル + 1日5豪ドル×4日間なので40豪ドルで借りたよ。で、最初に100豪ドル引かれたから60豪ドルの返金が必要になるんだけど、レンタカーを返却した翌日(4/19)に60豪ドル分がちゃんと返金されたよ。

・・・という訳で、サリー達は超過走行距離の200豪ドル強がゼロになったっていうのもあって、

・レンタカー代:40豪ドル
・ガソリン代:91.5豪ドル+最後に満タン給油した70豪ドルぐらい
・宿泊費:キャンピングカーで寝たので無料

200豪ドルぐらいでウルルまで行けたのだった。

そうそう、キャンピングカーのオフィスには

棚が置いてあって、ここにあるものは無料でもらえるよ。サリー達も行きにキッチンペーパーだけもらったんだけど、かなり役立ったので荷物を減らす為にここに寄付したよ。でもサリー達が帰る時にはサリーの寄付したものは誰かがもらって全て無くなってたよ😃

15時にキャンピングカーを返却したサリー達は、この後長距離バスに乗る為にバス乗り場まで移動しないとダメだったんだけど、公共バスを使うと16:19までバスが来ないことが判明・・・。涼しいし、パソコンも充電できるし、水もただで飲めるからここで16:19まで待たせてもらったよ。カフェで時間を潰さないのがサリーらしいでしょ😄(オフィスのそばにはカフェは何も無いんだけど、あっても多分ここで時間を潰してたと思う)

公共の図書館に移動

サリー達はこの日、長距離バスに乗ることになっていた。出発時刻は19:15。

まだまだ時間がある為、公共の図書館に移動することにした。思いがけなくキャンピングカーのオフィスでパソコンの充電ができたんだけど、前日サリーが相方にパソコンの充電ができる場所を探してくれるようにお願いした結果、公共の図書館で無料で充電できることが分かったからだ。マクドナルドとかスターバックスでじゃなくて無料で充電できる施設を探すあたり、流石サリーの相方だね😚しかも何と驚くべきことに公共の図書館の向かい側に長距離バスの乗り場があるという何とも信じられない偶然😍

けちけちサリーが時間があるのにタクシーを使うわけもなく、公共のバスで図書館の最寄の停留所まで移動した。

そして図書館に到着。実はキャンピングカーがある時にこの図書館に寄って電源プラグがあることを確認していたサリーは1度来ていたこともあって迷うことなく図書館に着いたよ。

図書館はこんな感じでとっても綺麗で、座る場所もたくさんあった。

そして待望の電源プラグも、フリーWi-Fiもあったので、図書館が閉館する18時までここで過ごした。ちなみに写真だけ見ると客が誰もいないみたいに思えるかもしれないけど、これは閉館間際に撮影したからで、実際には地元の人がたくさんいて、混雑してたよ。

長距離バスでダーウィンへ

18時まで図書館でパソコンを充電しながらフリーWi-Fiで時間を潰したサリー達。バスの乗車時間まで時間があるので飲み物を調達することにした。図書館から歩いて15分ぐらいの所にスーパーがあるので、移動する。

でもね・・・。3日目の記事にも書いたけどアリススプリングスは皆もそこに行けば分かると思うんだけど、どう見ても治安が悪いの・・・。でも速足でスーパーに移動して、飲み物とおやつにポテチを買って、またバス停まで戻ったよ。

これがアリススプリングスからダーウィンまで移動するバスのオフィス。アメリカなんかにもある「グレイハウンド」っていう長距離バスを運行する会社のオフィスだよ。バスはここの前から出発する。

チケットはあらかじめネットで予約した場合は印刷してあるからこのオフィスに来る必要は無いんだけど、ここで直接チケットを購入することもできるよ。

でね、このオフィスの中にも椅子が4つだけあってそこで待てるかなぁと思ったら、何とこのオフィス17時にクローズするの。

サリーの乗るバスの出発時刻は19:15だから、その頃にはもうオフィスは閉まってるの。ただね、17時までにここに来て荷物を預けておけばオフィスの鍵は17時に閉められるんだけど、バスが来た時に運転手さんがオフィスを開けて荷物を出してくれるので、大きい荷物がある場合はあらかじめここのオフィスで荷物を預けた方が良いよ。

そして19時頃にバスが到着。オフィスが一時的に開くので、オフィスの中にいる運転手さんに名前を伝えて、荷物も預けて、バスに乗った。

尚、まだ日付は変わっていないけどバスはそんなに書くことも無いのでバスに乗って以降の記事は6日目の記事でまとめて書こうと思う。

4/18の走行情報まとめ

●走行距離
292Km

●ガソリン給油

[1回目のみ] キャンピングカー返却前にガソリンを満タンにしたんだけど、レシートが無くていくら給油したのか不明。でもほとんど空の状態だったから多分70豪ドルぐらいかなぁ・・・!?

これにてオーストラリア旅行5日目の旅ブログは終わりだよ🙂6日目はほぼバス移動・・・だけど、この日もちょっとした事件は起こるよ(笑)

サリーのブログのメインはタイ情報なので今回の記事はオーストラリア情報だけど、是非⬇タイ情報をクリックして下さい。

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-けちけち, オーストラリア, コスパ, 旅行, 日常
-, , , , ,

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.