けちけち タイ 旅行 日常

サリー、新型コロナでむせび泣く ~その1~

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

先週、超ドタバタでなかなかブログを更新できなかったんだけど、それには訳があるんだよね・・・。

今日はそのドタバタについて書こうと思う😢

新型コロナウイルスの影響で・・・

ハァ~・・・

ハァ~・・・

タメ息なんてついてどうしたのさ!!

ハァ~・・・

と、こんなぐらい、先週は新型コロナウイルスのせいで忙しい&落ち込むことに・・・。

何があったかと言うと・・・。

損失その1

損失その1と言うからには、いくつか損失があるわけだけど・・・。

損失その1はバンコク→名古屋までの航空券を無駄にしてしまった事・・・。

本来であれば、サリーは3月5日に名古屋に飛び立つはずだった。

3月8日に行われる名古屋のマラソン大会に出場する為に9月には航空券を抑えていたのだ。

ところが2月20日に新型コロナウイルスの影響でマラソン大会はエリートの部のみで行われるという発表があり、マラソン大会の出場は断念することに・・・😣

ただ、このマラソン大会に相方もハーフの部で出場する予定だったので、まぁマラソン大会に出場できなくても名古屋で楽しめば良いかと思っており、この時点では名古屋に行こうかまだうっすらと悩んでいた・・・。

ところが2月27日・・・相方の会社ではこんな取り決めがされた。

中国からタイに帰国した人は24日間自宅で待機、それ以外の国からタイに帰国した人は14日間自宅で待機しなさい

仕事で海外に行かざるを得なくてその結果自宅待機なら会社も理解してくれると思うけど、

マラソン大会の為に買った航空券がもったいないので日本に帰りました。なので、14日間自宅待機します。

なんて言える訳が無い・・・。

相方が帰るのをやめるのは当然のこと、もしも仮にサリーが日本に帰って、新型コロナにかかったことを知らずにタイに戻って来て、相方にそれをうつし、相方が会社の人なんかにうつしたらマジで洒落にならない・・・。そんな責任、サリーには取れない。

なので、このお達しが出た時点で日本帰国は完全に諦めた。

甲状腺の薬をなんとかしないと…

帰るのをやめるのは仕方無いとしても、困ったことが・・・。

それは、サリーは甲状腺の病気があり、半年に1回日本で血液検査をして、薬を処方してもらっていたのだ。

日本に行くのをキャンセルするからには、薬の問題を解決しないと駄目だったので、まずは薬の入手方法について考えてみた。

尚、サリーが普段飲んでいるチラージンという薬は、甲状腺のホルモンに関係する薬で、日本では12.5㎍、25㎍、50㎍、75㎍と種類が細かく分かれている薬でサリーが飲んでいるのは75㎍だった。

次に日本に帰る時までの分の薬を確保しないと駄目・・・。

考えた方法は下記。

●サリーママに日本の病院で薬をもらってきてもらい、国際郵便で送ってもらう
●タイの病院で処方してもらい、タイで薬をゲットする

ここで問題になったのは、さっき説明した薬の量だった。

実は色々調べたり、実際に薬局で聞いたところ、タイでは50㎍と100㎍の薬しかなく、75㎍は無いとのことだった。

なので、サリーママに薬を頼むと快くOKしてくれたものの(頼む前に日本の病院に国際電話をかけて事情を話し、今回は特別に診察無しで薬を処方してくれるようにお願いをした)、こんなLINEが・・・。

こんなLINEが来て、大丈夫だろうとは思うものの、タイというお国柄もあって薬を送ってもらったは良いけど届かなかったりすると困るから、やっぱりタイで入手することにした。

その後、色々調べてみるもやっぱりタイには75㎍の薬は無い・・・。

相方の知り合いに薬剤師さんがいる!!

と思い出し、相方に聞いてもらうと、薬に半分線が入っているものは、薬を半分に切って飲めば半量になるとのこと。

そこでチラージンを観察してみると、薬にはちゃんと半分の所に線が入っていた。

なので、50㎍を半分に切って、その半分と50㎍1錠を飲めば75㎍になるということで、無事に解決✨

左が日本で処方されているチラージン50㎍。

右側がチラージンと同じ成分のEuthyrox50㎍。その上に映っているのはピルカッター89バーツ≓295円。本当は水色のが欲しかったけど、機能は同じなのになぜか水色のピルカッターは145バーツもしたので、妥協して黄緑色にした(笑)

Euthyroxは100錠で100バーツ≓330円。25錠で1シートになっていて、1シート単位で購入できるよ。

航空券キャンセル

薬の件も無事に解決したので、次は航空券の処理。

サリーが予約していたAir Asia Xは、新型コロナウイルス対応として2月21日より前に予約した航空券は無料で全額ポイントでの返金か日付変更をしてくれるというサービスを提供していた(LCCなのに神対応✨)

いざ航空券をキャンセル・・・しようとすると、さっき見せた航空券はAir Asia本家ではなくTrip.comというサイトから購入していた。

なので、Air Asiaに直接キャンセルや日付変更の連絡をすることはできず、Trip.comに連絡をしないといけない。

Trip.comにはありがたいことに24時間繋がるフリーダイヤル(0120)があるのだけど、ここでも困ったことが・・・。

海外からはフリーダイヤルに電話をかけることができないのだ

フリーダイヤルというのは日本にいる人にとってはありがたいんだろうけど、海外に住むサリーからしてみたら、全然ありがたくない・・・。

そこで、仕方無くTrip.comのアプリをダウンロードして、アプリのチャット機能から連絡をすることにした。

そうしたらね、これ見て。

なんとコロナウイルスの影響でチャットは428番目・・・。ちなみにこれが表示されたのは日本時間の16:20頃・・・。

それでね、チャットに繋がった時に応答がないと次の人に回されると思い、5~10分おきぐらいに状態をチェックするハメに(ここで諦めないのがサリーの良いところ)。

でね、このチャットサービスは日本時間の19時までだから19時の時点でどうなるかなぁと思ってたら、その時間までに待ち行列に入った人はそのままサービスを使える仕様になっていて、待ち人数は19時の時点でもまだ300人以上待ちの状態だった。

更にタイ時間の深夜0時(日本時間の深夜2時)に確認するも、まだ200番台前半だった。でも夜中なので諦める人もいるから順番がスキップされて急に番号が進むかもしれないと思い、30分毎に目覚ましを鳴らして人数をチェックするハメに😢

でもね、結局このチャットが自分と繋がったのはなんとタイ時間のちょうど7時(日本時間の9時)だった。つまり、16時間30分も待ってからだったのだ・・・。

そんなこんなで、Trip.comに日付を変更したい旨を伝えると「今Trip.comは混んでいて、確認の為に2~3日かかる」と言う。

この時既に2月28日。もし2~3日して、サリーが変更したい日に航空便の空きが無くてまた連絡を取ろうとした時には更に混んでいてチャットは24時間以上待たないと駄目だったりして、出発の日付が来てしまうかもしれない…。それでは困ると伝えた所、Trip.comからはそれであればキャンセルで返金の方が確実だという回答。

そこでキャンセルの依頼をするも(詳細は省略するが、ここまでにチャットのやり取りで実は1時間半ほどかかっている)、その日の夕方に来た連絡がこれ。

2月28日に「出発時間の7日以前を過ぎたからキャンセルできない」というメール。

尚、サリーの出発日は最初に話した通り3月5日。7日以前ってことは2月27日までに連絡をすれば良かったということ。

ちなみにね、サリーはちょうど2月27日にチャットで連絡をしようとしたよ。でもね、チャットがつながらなくて、先に427人も待ってたから2月28日になっちゃったんだよ。

すぐに連絡が繋がるならそう文句を言いたいところだったけど、サリーはもう疲れた…😖

この後にも、まだ相方の航空券の変更やサリーの名古屋→ドンムアンの航空券の変更などやる事は山積みだった。

尚、今回返金できなかった航空券は

13,175円。

けちけちサリーからしたらかなり悔しいけど、まぁ、もう良いと思えた。

エアアジアは2月21日には変更無料やポイント返金のアナウンスを出していたし、サリーが早く決断しなかったのが悪いのだ。

決断力はある方だと思っていたけどまだまだ未熟だった自分への勉強代だと思うことにして、この13,175円は諦めたのだった。

でも、この物語はまだまだ続く…。

続きは次回に。これどれだけ続くんだろうか…😑

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-けちけち, タイ, 旅行, 日常
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.