けちけち タイ 旅行 日常

ダイソーよりお得!? 20バーツショップの実力~お土産編~

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

「ダイソーよりお得!?20バーツショップの実力」の記事を過去3回に渡って書いたけど、今日は最終章だよ。ちなみに過去3回の記事はこちら⬇

第1回:ダイソーよりお得!? 20バーツショップの実力
第2回:ダイソーよりお得!? 20バーツショップの実力~番外編~
第3回:ダイソーよりお得!? 20バーツショップの実力~スペシャルサンクス編~

前から書こう、書こうと思っていた最終章は20バーツショップでサリーがおすすめするお土産編だよ。タイのお土産って食べ物でも雑貨でも色々あるんだけど、今日はどこの記事にも紹介されていない異色のお土産で、かつ特別な人に送ってはどうかなっていうお土産を提案するね。

そうそう、シラチャにも20バーツショップのお店はかなりたくさんあるけど、1番行きやすそうな店の場所は第1回の記事の中に書いたよ。もしバンコクだったら、スクンビットソイ33/1のフジスーパー1号店の隣ぐらいに大きな20バーツショップがあるよ。

では、早速、サリーがお勧めするお土産なんだけど、それはこれ‼

これは見ての通り、シンハービールのグラスだよ🍺しかもブラスト加工されてるから、これにビールを注いだら普通のガラスのグラスで飲むより美味しそうに見えるはず☺

シンハービールっていうのは1933年にタイで生まれた最も歴史あるビールで、タイでは1番有名なビール。「ビア・シン」の愛称で親しまれてるビールで、旅行に来たらまずはみんな「ビア・シン」を頼むはず。そのブランド名の入ったグラスが20バーツショップには置いてあるのだ。

日本だと、「KIRIN」とか「ASAHI」って入ったグラスはかなり高価・・・。例えばAmazonでキリン一番絞りの中ジョッキグラスを買おうとすると、1,380円もする。

でもこのシンハービールのグラスは、わずか20バーツ≓69円だよ‼100円ショップより安いよね😊

それにプラスして、このシンハービールの缶ビールをセットであげれば、とっても素敵なお土産の完成だよ💯

ちなみにAmazonでシンハーのグラスを検索してみたら、全く同じ商品は見つからなかったんだけど、ブラスト加工されていない普通のグラス(並行輸入品)がなんと1,300円もする

更に缶のシンハービールは24本入りのケース販売で1番安いものでも1本199円するよ。

でも、タイの国内で買えばシンハービールは店によって多少の値段は違うけど、サリーの家のそばのスーパーなら1本39バーツ≓134円

もしグラスとビールをセットで買った場合は、

日本の場合:グラス1,300円+缶ビール199円=1,599円

タイの場合:グラス20バーツ+缶ビール36バーツ = 56バーツ≓193円

ということで、実に8倍強の値段差となる。

懸念があるとすれば、グラスなので持って帰るまでに割れる危険があるよ・・・だから何個もは持って帰れないけど、特別な人へのお土産としては最高でしょ⁉20バーツショップでも店員さんにお願いすれば新聞紙のようなもので巻いてくれるから、後はTシャツなどでくるんで持って帰るか、あるいは思い切って手荷物にして大事に持って帰る必要があるよ。

ビールは液体なので当然機内持ち込みはできなくて、預け入れしないと駄目だよ⚠あとは海外から日本へアルコール飲料を輸入する場合は、持ち込む量次第では関税がかかるよ。無料の範囲で運ぶなら、760mlリットルのものを3本まで(=2,280ml)運ぶ分には免税だから、このスペシャルなお土産は缶ビールであげるなら6本までは免税で持ち帰れるということになる。

念の為だけど、もしそれを超える場合は1リットルあたり200円程の税金がかかるので、日本に帰った際にちゃんと税関で申告する必要があるよ。

・・・というわけで、持ち帰るのが少し大変だけどビール好きの家族や恋人に特別なお土産として買って帰れば必ずや喜ばれるはず😊お菓子やタイのよくある雑貨じゃないお土産を渡したい‼っていう人は是非買ってみてね。(持ち帰る際にグラスが割れたり、ビールがスーツケースの中で空いちゃったりした際の責任はサリーには取れないから、自己責任でお願いします)

それでは、またね。

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-けちけち, タイ, 旅行, 日常
-, , , ,

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.