タイ ブリリアント 贅沢

バンコクの高級スパ【Rarinjinda Wellness Spa】

投稿日:

こんにちは、サリーだよ😀

バンコク関係の記事は一旦今日で締めるよ~!!

今日はバンコクの高級スパについて紹介するね😁

スパの名前

今回紹介するスパの名前は「Rarinjinda Wellness Spa」。

ラリンジンダ ウェルネス スパと読むこのスパ。ラリンジンダの意味は不明、Wellnessは輝くように生き生きしている状態という事で、とにかく輝くように生き生きできるスパだよ✨

スパの場所

Rarinjinda Wellness Spaの場所はこちら。

5つ星ホテルのグランドセンターポイントプルンチットホテルの中にあるよ。

BTSプルンチットホテルからは徒歩圏内、コンラッドホテルバンコクからも徒歩10分ぐらいで行ける。

スパの外観

Rarinjinda Wellness Spaがあるのは、バンコクの5つ星ホテル、グランドセンターポイントの中。・・・という事で、簡単にグランドセンターポイントの外周だけ紹介するね。

在タイ日本国大使館やアメリカ大使館があるウィッタユ通り沿いにこんな大きな看板があるので、通り過ぎることは無いはず。

 

こんなに地価が高い場所でも、高級ホテルはこういう贅沢な空間があるのが素敵✨ちなみにこれは屋外だよ。

入口にはサーモグラフィーが設置してある。

・・・けど、係員が誰もいないから(昼間はいるのかも)、熱があっても通り抜けることができる😅

ホテルのフロント周り

今回はスパの紹介なのでざっくりと。

肝心のスパは30Fにあるので、エレベーターで30Fに移動。「30」のボタンの横にRarinjinda Wellness Spaって書いてあるよ。

エレベーターの中のシールは大きくて分かりすい。

そして、あっという間に30Fに到着。30Fはスパ専用フロアになっているよ~😆

そして怖くて下まではとてものぞき込め無いんだけど、吹き抜けの造りになってるよ。写真は30Fから下を眺めた感じで取ったもの。

そして、いよいよスパの入口。

こちらの白いドアをくぐってね。

スパの内装

スパの受付

中に入った瞬間から、とても良い香りがただよう店内。

そして、この香り、どこかと同じだなぁと思ったらバンコク各所やパタヤにもある「Let's Relax Spa」と同じ香り。

待合室も広々、ゆったりの雰囲気だよ~。

マッサージ屋さんらしく、アロママッサージの香りの参考となる瓶なども置かれている。

スパのメニュー

スパのメニュー

スパの流れ

メニューを決めたら、スパが始まるよ。

サリー達が今回受けたのはトラディショナルなタイマッサージ。後で詳しく書くけど、ここのタイマッサージは他とは違うポイントがいくつかあるの😊

最初に出てくるおしぼりと冷たいお茶。

おしぼりの巻き方もお茶の味も「Let's Relax Spa」と同じ。Let's Relax Spaの高級店の位置付けだと勝手に思っている。

おしぼりからもスーッとするような良い香りがするよ。お茶は甘いタイプ。

で、おしぼりで手をふきつつお茶を飲んでいると、スタッフの方がスリッパと靴を入れるケースを持って来るので、靴からスリッパに履き替えるよ。

尚、この後足を洗う儀式があるので、この時に靴下も脱ぐのが最もスマートな立ち振る舞い😁

ちなみに、Rarinjinda Wellness Spaはさすがは高級スパと思わせてくれる点がいくつかあって、

スリッパにもスパのロゴが入っている上に厚手。

更に使い捨てスリッパでもちゃんと足の大きさに合わせて女性には小さめ、男性には大きめのを用意してくれている。

うん、最高😍

そして、靴からスリッパに履き替えてちょっとしたら、足を洗う場所に連れて行かれる。

足を洗う前に今日のマッサージを担当してくれる方を受け付けの方が紹介してくれるよ。

足はスクラブみたいなので洗ってくれるので気持ち良い✨ちょっと前まではLet's Relax Spaもスクラブで洗ってくれていたのに、あちらは1ヶ月ぐらい前から普通の液体石けん(でもジャスミンの良い香りはする)に変わっちゃった😢

足を洗ってもらっている時に見える景色はこんな感じ。

そして、足を洗ってもらったら、いよいよマッサージルームに移動🚶🚶‍♀️

30Fはスパフロアになっているので部屋がたくさんあるよ。

こちらがマッサージを受ける部屋。

30Fなので眺望がウリかと思いきや、昼間に来ても日が差すからかブラインドは閉じているし、夜に来てもブラインドは閉じたままだったので、あまり30Fの恩恵は受けれていないかも(笑)

部屋の隅には、マッサージに使う道具が置いてあったり

↑こちらはマッサージの最後に使うホットタオルを温める蒸し器。

 

スパのロゴが印字された加湿器が置いてある。

マッサージの服。

男女で色が違うし、つくりも違うよ。

男性の方はボタンになっているけど緩いのでスッポリとかぶることができるんだけど、女性の方は穴に紐を通して後ろで結ぶタイプになっている。

日本だと着物などは左が上に来るのが常識だけど、こちらの衣装は通す穴が左側にしか空いていないので、右が上になる。まぁタイだから右が上も、左が上も無いかw

そして、マッサージ開始。ここからは写真は無いので言葉で説明。

ここのタイマッサージは仰向けからスタートして、半分以上は仰向けだよ。うつ伏せになった時に顔をうずめるような枕は無いのでうつ伏せが長いと首が疲れるけどうつ伏せは腰と肩が中心かな。

で、他のマッサージ店とちょっと違っている点が、仰向けの開始時に小豆みたいな香りがするものが入ったホットパックを2個用意してくれていて、

●1個はお腹の上か腰の下(好きな方を選べる)
●1個は首の下

に置いてマッサージをしてくれるの。

結構長い時間ずーっとじんわり温かいので、いつの間にか眠りの世界へと誘われるよ😴

タイマッサージは仰向けで足と手→うつ伏せで腰、肩、首→再び仰向けでヘッドマッサージ→最後に起きて仕上げという流れで行われるよ。

結構強めなので、強めが好きな人にはおすすめかも。

そして!!ここのマッサージを受け終わると、いつも終わった後に視野が広くなった感じになる🤩

なんか光がたくさん取り込めるっていうか、上手なマッサージを受けた時にだけ味わえる感覚に陥る。そして、体がめっちゃ軽くなるよ😀

マッサージ後も至福

さて、Rarinjinda Wellness Spaはマッサージを受けた後にも至福の時が待っているよ🎵

それが、こちら。

終わった戸にマンゴーとカオニャオが出てくるの😍マンゴー好きのサリーからしたら、これはポイントが高い。マンゴーのシーズンじゃなくても年中マンゴーが出てくるよ✨

ちなみにLet's Relax Spaのマッサージ後に出てくるマンゴーがこちら。

カオニャオにささっているココナッツミルクのスポイトが全く同じだから多分同じ系列なんだけど、Rarinjinda Spaの方がお皿とかカオニャオの上におまけがのっていたりと、ワンランク上な気がする。

レモングラスティーも出てくるよ。

新型コロナになる前は、

こういうコーナーがあって、ドリンクも何種類かから選べたし(コーヒーも選べた)、ちょっとしたスナックなんかも食べられるようになっていたんだけど、新型コロナ後はこのスペースは、

こんな感じでピンク色の岩塩の照明が置かれたスポットに変わってしまって、前までここにスナックやドリンクが並べられていた雰囲気は微塵も無くなったよ😢

日本人のお客様が多いからか、各テーブルには日本語の雑誌も置いてあってこの雑誌もいつ来ても最新号だったんだけど(写真下は新型コロナ前のもの。たくさんの種類の雑誌が置いてあった)、新型コロナ以降はしばらくクローズしていたこともあって、今回置いてあった雑誌は4月号だった・・・。

グッズも買える

Rarinjinda Wellness Spaは店内にショップも併設されていて、

マッサージを受けた服や、

サリーが「小豆の力」と読んでいるホットパック(大小あって値段が違うけど900バーツぐらいだったかな・・・)が売っていたり、

その他にも色々な癒やしグッズが売っているよ。

まとめ

今日はバンコクに数多あるマッサージ屋さんの中で高級な部類のスパについて紹介したよ😊

本当は今回のバンコク泊で2日目にも高級なスパに行ってそっちについても書く予定だったんだけど、あまりに下手で書く価値が無いと判断して書かないことにしたの😒

Google Mapの口コミには率直な感想を書いているから、高級なスパに行く予定のある方は、行く前に口コミをチェックしてみるのも良いかも!?

書くネタがたまりすぎて、次は何を書こうかな・・・😁

それでは、また次回をお楽しみに😉

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-タイ, ブリリアント, 贅沢
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.