コスパ タイ 料理

パタヤでコスパ&雰囲気が抜群のステーキ【AE&EK STEAK】

投稿日:

 

こんにちは、サリーだよ🙂

今日のチョンブリ県の新型コロナ新規感染者は399人で過去最高との事・・・なかなかおさまらないなぁ・・・。

さて、今日はパタヤでコスパも雰囲気も抜群のステーキ屋さんについて紹介するね。

紹介するお店の名前

今日紹介するお店の名前は「AE&EK STEAK」だよ。

AE&EKは、多分タイでよくあるレストランに人の名前を付けてる感じだと思う。

AEさんは「エーさん」と読み、タイ人女性によくあるニックネーム。

AEさんとEKさんがやっているステーキ屋さんだと思われる(あくまでもサリーの勝手な想像😁)。

AE&EK STEAKの場所

AE&EK STEAKはパタヤに2店舗ある。

1店舗はBig C南パタヤのあたりにある店舗で、もう1店舗はパタヤの東の方のマーブ・プラチャン貯水池という池のほとりにある。

どちらの店舗も食べられる料理や値段は同じだけど、マーブ・プラチャン貯水池のほとりにある店舗の方が断然雰囲気が良いので、移動の自由がきくなら貯水池そばの店舗に行ってね✨

●雰囲気が抜群に良いバーブ・プラチャン貯水池の側の店舗

 

●車などが使えず公共交通機関で移動する方はこちらの方がアクセスが良い

AE&EK STEAKの外観

ここからは、サリーが断然オススメの貯水池のほとりにある方の店舗を紹介していくね。

お店の建物が道路から少しだけ奥まった所にあり、道路からは目立たず、貯水池をボケーッと眺めているうちにあっという間に通り過ぎるのでこちらの看板を目印にしてね。

駐車場はかなり広い(JOE&KODIの駐車場の倍ぐらい広い)けど、お客さんでいつも溢れていてお昼時などは停める場所が無いぐらい駐車場がいっぱいになる。

その駐車場には、野生のバナナがなっていて毎回「欲しいなぁ・・・」とつぶやく(笑)

たわわに実った野生のバナナ、日本ならすぐに誰かに取られちゃうだろうな・・・。

さて、お待ちかねの外観がこちら。

ヨーロッパの別荘地にでも来たかのような、めちゃくちゃ素敵な外観。

ちなみにこれはサリーが撮影したけど、絵ハガキみたいな1枚になった。

いや、これはサリーの撮影の腕が良いんじゃなくてiPhoneのカメラの性能が良いのよ😁

AE&EK STEAKの雰囲気

さて、続いてはお店の雰囲気。

この三角屋根のお店の中もこれまた素敵で、お店の中には緑がいっぱい。

しかもこの木にはレモンとかリンゴとかが飾り付けしてあって、アメリカの高級ステーキ屋のような素敵な雰囲気✨

単純な平面の客席ではなくて、4段ほどの階段を付けて奥の床を高くしてある所がまた素敵😆

奥の方の段が高くなっているフロアはソファ席とテーブル席がメイン。

 

手前のフロアはテーブル席のみで、建物一面ががガラスばりになっていて、採光バッチリの素敵な雰囲気😍

テーブル席から入口側の窓を眺めると、奥にはマーブ・プラチャン貯水池が見えて、天気が良い日は気持ちが良い。

昼間はあまりにも日が差し込むのでこんな感じにカーテンが閉められたりもするけど、とにかくいつ行ってもタイ人とファラン(欧米人)のお客さんで溢れている。

 

上を見上げてもまた素敵。

この写真は俺が撮ったよ。

半分以上はiPhoneのじつりょ・・・(笑)

AE&EK STEAKのメニュー

ここからは、AE&EK STEAKのメニューを全部載せるね。

ポークステーキとチキンステーキは80バーツ≓270円から楽しめるという超低価格

実際に食べたもの

ここからは、実際の料理を紹介するので、AE&EK STEAKがどれだけコスパが良いか見てね!!

こちらはオーダー後に持ってくるフォーク&ナイフのセット。

このお店で唯一改善点を挙げるとしたらこの部分で、フォーク&ナイフセットが入っているカゴが何ともタイのローカル食堂っぽい🇹🇭

これを籐なんかの入れ物にすれば一気に高級感が増すのにな・・・。

 

さて、ドリンク

左側がジンジャーエール、右側はリプトンのレモンティー。

どちらも1本20バーツ≓68円で、氷はサービス。

コロナじゃなければビールとかも飲めるんだけど、今は新型コロナの影響で店内でのアルコール提供が禁止されているので、頼めるのは水かジュースのみ。

この雰囲気で1本20バーツは安い!!

 

そして、いよいよ料理!!!!

まずは最も安いポークステーキ80バーツ≓270円

この値段で、サイドディッシュとして小さいトースト(バター風味)、サラダ、フライドポテトが付いてくる。

日本ならこのサイドディッシュを付けるだけで80バーツはしそう・・・。

更に驚きなのは、写真を見てもらうと分かると思うけど、ポークステーキが2枚も付いてきてこの値段なの。

この値段なのにソースも「ペッパ-ソース」「マッシュルームソース」「バーベキューソース」から選択できる。

この日はマッシュルームソースにしたけど、マッシュルーム以外にしめじなんかも入っていて、美味しい😋ちなみにファランのお客さんはペッパーソース率が高い📈

タイでは牛肉よりも豚肉を頼んだ方が安定っていうのそのままに、固いことも無く美味しいポークステーキで、80バーツとは絶対に思えないステーキだった。

 

続いては、チキンパルメザン185バーツ≓620円

こちらはチキンにパルメザンチーズがたっぷりのったステーキ。

まずい訳が無い料理。

そして驚くことに、こちらもチキンステーキが2切れ付いてくる

更に、下の段のステーキにもチーズが足りるように、相方曰くチキンの横にチーズの海がある🌊

 

豚、鶏と来たら次は牛🐃

Tボーンステーキ300バーツ≓1,000円

牛肉になると、焼き加減はどんな感じが良いかも聞いてくれる。

サリー達はアメリカのステーキ屋だったらミディアムレアを注文するんだけど、タイなので念には念を入れてミディアムでオーダー。

骨が食べにくいかな!?と思ったけど、たまたま当たりだったのか、アルファベットのTの縦棒の骨がかなり短めだったので、食べごたえ十分だった。

タイのローカル牛らしい。めちゃくちゃ柔らかくて美味しいという事は無かったけど、アゴが疲れる程固いことも無くて、赤身が好きでステーキ食べたいっていう男性の方なら満足すると思う。

そうそう、恒例のステーキサイズはこんな感じ。

お皿の大きさはポークステーキ、チキンステーキ、ビーフステーキ共に同じ大きさなので、写真からステーキの大きさを想像すると、めちゃくちゃコスパが良いのが分かるはず。

 

あっ、他にも変わり種を頼んだことがあるよ。

クラブサンドイッチ120バーツ≓400円

このクラブサンドイッチね、今まで食べた事があるクラブサンドイッチの中で1番豪華な気がする。

パンの間には、レタス、トマト、卵に加えてチキン、ベーコンも挟んであり、更にトローリチーズもたっぷり挟まっているので、厚みは脅威の4cm!!!!

それにフライドポテトまで付いて120バーツというのは満足度が高すぎる😍

まとめ

今日はパタヤに数あるステーキ屋の中でもコスパと雰囲気を兼ね備えた最強のステーキ屋さんについて紹介したよ✨

いつもタイ人とファランで溢れているこちらのお店は、ファランが店員さんから何も話しかけられていないのに、自ら、

Very Good!!!!

と親指を立てて絶賛している素敵なお店。

ちなみにタイ人はインスタ映えの為なのか必ずと言って良い程ラザニアを頼んでいる(皿が可愛い)。

あと、こちらのお店、この値段なのに店員さんの教育がホテル並に素晴らしくされており、オーダーをした後に確認の為にオーダー内容を読み上げてくれる辺りがまた好感度が高い🙂

日本人に人気のサイアムカントリークラブからも車で5分ぐらいの距離なので、ゴルフ帰りに寄るのもオススメだよ~😆

それでは、またね😉

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-コスパ, タイ, 料理
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.