タイ 旅行

プーケット旅行【移動編】

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

気が付いたら1月もあと1週間で終わり…。

ほんの少しだけ気持ちに余裕ができたので、年末に遊びに行ったプーケットについてまとめるよ~🎶

いつもは旅行記と言えば1日ごとにやった事とかまとめてるんだけど、今回のプーケット旅行はちょっと違ったテイストでまとめてみるよ。理由は読み進めれば分かるはず(笑)

構成はこんな感じだよ😃

プーケット旅行の記事の構成

年末はプーケット旅行に決定!!

サリーと相方の年末の過ごし方と言えば、
●サリーの弟夫婦がタイに遊びに来る
 →2017年:バンコク
 →2018年:チェンマイ
 →2020年:プーケット
●海外に旅行する
 →2018年:シンガポール
 →2019年:アメリカ
の2択だった。

だけど、今年は新型コロナのせいでどちらも叶わず、タイに来てから5年目にして初めて2人だけで過ごすタイでの年末となった。

いつもは張り切って半年前には年末に何をするか決めているというのに、今年は全然テンションが上がらなくてプーケットに行くと決めたのは12月中旬。

さすがにシラチャでずっと過ごすのもなぁ…と思い、タイ国内の観光地を色々考えた結果、決めてはホテルの安さで選んでみた(笑)

年末に向けて新型コロナ患者が出てきており、サリーの周りでも年末の旅行をやめる人がチラホラ出てきて旅行に行くか悩んだけど、飛行機が飛ぶのであれば行くことにした。結果、シラチャの方が危険だったので行って良かった(後付け)🙂

ホテルに関しては次回詳しく書くとして、取り敢えずかなり直前でプーケット旅行を決めたのだった。

プーケットへ移動

シラチャを出発したのは2020年12月28日(月)。

16:15にスワンナプーム空港を出発して17:45にプーケット空港に到着する便。

空港までは運転手さんに頼んでも良かったんだけど、冬休みに入っているし頼むのも面倒だよねということになり、自分達でバスで移動した。移動方法はこちらを参照。

飛行機は1人が3,470円、もう1人は3,870円。2席一緒に予約すると2人共3,870円になるので1席ずつバラバラに予約したの(ここでもけちぶりを発揮w)😆

荷物作戦失敗からの…

荷物を預けるオプションを付けるとお金が余分にかかるので1人7Kgずつにして手荷物のみで乗る作戦。

で、いつもタイでは(特に国内線では)手荷物の重量を測らないのでイチかバチかの賭けに出た。スーツケースはコロコロできるから移動が楽なので、スーツケースに荷物をたくさん詰めて(10Kgオーバー)、自分のバッグは4Kgぐらいの状態にしていざ飛行機に搭乗しようとした。

オンラインチェックインを家で済ませてあったので既に航空券は持っており、空港ではチェックインカウンタには行っていない。実は2席バラバラに取ったので席番号もバラバラだったけど、一緒に搭乗ゲートを通ろうとしたら、

お客様、少々お待ち下さい。

と止められた。

ヤバイっ、荷物か…

と思ったら、

お客様のスーツケースは大きいので、荷物の棚には乗りません。

と言われた。それはさすがに無い。手荷物サイズギリギリのスーツケースでいつも手荷物扱いにしている。ベトジェット航空だけ荷物棚を小さくしているなんてことは絶対に無いので、

前もこのスーツケースでベトジェットに乗りましたよ。

と言ってみる。すると、別の係の人が重さを測る機械を持って来て測ることに…。ヤバイ…荷物は確実に10Kgを超えている…。

ので、隅の方に行き、

こっちのバッグに4Kgしか入って無いから荷物を移動するね。

と話し、邪魔にならない場所で荷物を移動して再度係員の元に行ったら、

荷物は良いから早く乗るように。

と促され、移動した荷物は全く測られることなく無事に搭乗。次回からはやっぱり荷物の重さを分けておこうと思った。

プーケット到着

飛行機に乗るやいなや居眠りをし、目が覚めたら

陸が見えて、

あっという間にプーケット国際空港に到着した。

LCCなのでいつものようにターミナルまではバスで移動。

いつもは前からしか降ろしてくれないのに、途中で後ろからも降りれるようになり、ちょうど真ん中ぐらいに座っていたサリーが降りた頃には相方が乗ったバスは先にターミナルに移動していた。

ホテルまで移動

そして空港からホテルまでの移動。今までは

●1回目はタイ語が全く話せなかったので、高かったけど送迎車を予約

●2回目は空港から4人で移動するので送迎車と公共交通機関の値段が変わらないので送迎車を予約

そして3回目の今回はと言うと、

空港に着けば安い移動方法があるでしょ!!まぁ最悪タクシーを使えば良いよね。

ということで、当日まで何も調べなかった。ここでも旅行へのやる気のなさが出ている(笑)

空港に着いたらすぐに

こんなカウンターがあったので近付いてみると、タクシーは今だけ20%引きで600バーツ、相乗りでのミニバスでの移動は1人180バーツ≓620円だった。時間もあるしミニバスで良いよねということでミニバスのチケットを購入。

そして人が集まるまでしばし待つことに。サリーの前に待っていた人が1人。そしてまさかの偶然で飛行機でサリーの隣に座っていたカップルが来て5人になった所で係員が近付いてきてこういう。

追加で1人30バーツ出せば今すぐ出発できます。もし待つ場合は次の飛行機の到着まで1時間ぐらい待ちます。

他の人達がどうするか気になったので、

他の人達が払うなら払います。

と、なんとも意志のない日本人らしい回答をして様子を見たら他の3人も払っていたので、サリー達も60バーツ追加で払い、ミニバスはすぐに出ることに。

このミニバスでホテルまで順番に送ってくれる。

ホテル到着後に謎のめまい

ホテルに到着してミニバスから降りたら、途端にフラッとめまいがして、相方がチェックインしてくれている間、サリーはロビーのソファに座っていた。

早く横になりたいぐらいフラフラする…。

もしかして、飛行機でコロナになってないよね…。

と心配になりつつ、なんとか部屋に到着してベッドに横になる。

その後、相方がめまいが良くなる姿勢を調べてやってみたりするも吐き気も出てきてどうにもならず横になっているうちに寝てしまい、起きたのは22時頃…全回復では無いけど歩けるぐらいまでには回復していた。

まぁ、そんな感じでプーケットになんとか着いたのだった。

帰りはバスで帰るつもりだった…

さて、実はプーケットに到着した時、帰りの交通機関はまだ予約していなかった。

…というのも、サリーと相方は帰りは長距離バスで帰るつもりだった。

でね、これにも色々なドラマがあるから聞いて欲しいの😆

チケットを買うのに一悶着

プーケットからシラチャまで長距離バスで帰ることにしたサリーと相方は、インターネットでバスの座席を予約しようとしたけど、予約手数料が1枚につき110バーツぐらいかかることが分かった。手数料がもったいないのでパタヤに遊びに行ったついでにパタヤのチケットオフィスで買おうということになり、12月13日にオフィスに行った。

すると…

1月のチケットはまだ買えないよ。

じゃあいつ買えるの?

大体1週間前かな。

ここのチケット売り場のおばちゃん、口コミに書いてある通りに超態度が悪い上に、タイ語以外一切話さないんだけど(まぁそれはタイだから悪くは無いか...)、なんとか情報をゲットして帰った。

そして、12月26日に再度行くと、

チケットは買えないよ。

とだけ言われる。ムカついたので、

いやいや、あなたが1週間前に来れば買えるって言ったじゃん。じゃあいつ、どこで買えるの?

と聞くと面倒臭そうに目の前で電話をかけ始めた(多分プーケットのチケットオフィス)。電話から聞こえて来た単語は「日本人」という単語と「タイ語は話せる」という単語…。で、「だよね」みたいな感じで得意げに話して電話を切り、

プーケット発のチケットはプーケットでしか買えないよ。あとはプーケットで聞いて。

と。

だったら前回言わんかい!!

という怒りは相方にぶつけるとして(こういうのを八つ当たりという)、とにかくバスのチケットを事前で買うのは諦めた。

相方は、

あの人、サリーのことタイ語が話せるって言ってたね。

と褒めてなだめて(笑)、なんとか怒りを沈める。

そして、帰ってから仕方なく飛行機の値段を調べてみたら、かなり直前だったので1人7,000円ぐらいに跳ね上がっていた。

ちなみにバスなら2Fの普通席が1人792バーツ≓2,750円。1FのVIP席は6席のみで1,056バーツ≓3,660円。最初はVIP席にする気まんまんだったけど、口コミを見たら全員が「VIP席はトイレの臭いで臭かった」という口コミを残していたのでやめた(バスの1Fにトイレが設置されている)。

とにかく飛行機はすごく高かったので、バスで帰ることに決めていた。

一発逆転

プーケットのバスターミナルはサリー達が過ごすパトンビーチからだと車で30分ぐらいかかる辺鄙な場所になる。

なので、プーケットのホテルのフロントの人に電話してもらうか、バイクをレンタルしてチケットを買いに行けば良いかという流れになっていた。

でも…まさかのめまいでちょっとバスが不安になってきた。「寝てるだけだから大丈夫かなぁ」とも思ったけど、もしかしてもしかしたら直前で飛行機が安くなっているかと思って飛行機を検索してみた。

すると…

まさかの1人2,000円に値下がっていた

バスより短い時間で移動できて、値段も安いしこれは買うでしょ!!

便も10:20にプーケットを出て、11:50にスワンナプーム空港に着くという良い便。…ということで即航空券を購入して、帰りもベトジェット航空で帰ることになった🎶

帰りはオンラインチェックインができなかったので、カウンターでチェックインをしたら荷物の重さを測られたけど、サリー秘伝の裏技を色々駆使した結果、荷物OKの札を付けてもらい問題無く飛行機に乗ることができた。

まとめ

今日は年末に行ったプーケット旅行の移動に関する話をまとめたよ🙂

サリーと相方はいつも「慌てる乞食はもらいが少ない」という格言を大事にしていて、7,000円の航空券を慌てて買わなくてマジで良かったと思ったよ😁

なんならパタヤのチケットオフィスで長距離バスのチケットも買えなくて良かったし🎶なんかいつもツイている気がする📈

そんなプーケット旅行はこの後どうなるのか…

乞うご期待✨

それでは、またね😉

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-タイ, 旅行
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.