タイ 旅行 日常

甘さを調整できるタピオカドリンク屋【KAMU】

投稿日:

こんにちは、サリーだよ😄

タピオカってちょっと前まで日本で大ブームでゴミ問題とかが騒がれていたけど、今もまだ流行ってるのかな⁉少し前にYahooニュースでタピオカが品薄で仕入れ値が3倍になってるっていう記事は見たから、まだ流行ってるのかな😅

タイでは日本でブームになる、はるか前からタピオカドリンクのお店が星の数ほどある。

そんな中で、今日はタイのシラチャに限らず、バンコクなどにもたくさんある「KAMU」というタピオカドリンクのお店について紹介するよ‼

タピオカドリンク屋の場所

今回紹介するタピオカドリンクのお店は、チョンブリ県のシラチャならロビンソンのタラートをやっている側の入り口にあるよ(パヤタイ病院とは逆側の入り口)。

ロビンソンの出入り口にあるミニエスカレーターから撮影した写真。

外からもこんな感じで店内の様子が見えるよ。

シラチャではロビンソンの中にしか無いけど、バンコクならオンヌット駅から直結しているCENTURY THE MOVIE PLAZA、アソーク駅のターミナル21、チットロム駅のアマリンプラザなど色々なところに店舗があるチェーン店だよ。

タピオカドリンク屋の店名

店名は「KAMU(かむ)」。

多分これは日本語の「噛む」のことで、タピオカは歯ごたえがあるからタピオカを噛むということでは無いかと勝手に推測(笑)

KAMUのメニュー

KAMUには普通のメニューと高級なメニューがあるよ🙂

まずは普通のメニューを紹介するね。

メニューの上の方に「標準メニュー」と書かれている(笑)

1番安いドリンクは40バーツ≒140円。「カムミルクティー」と「昔ながらのタイミルクティー」の2種類でMサイズだけど、Mサイズでも十分な大きさだよ。

「ダークココアミルク」、「ミロ」、「フレッシュパッションフルーツ」、「グレープフルーツ」はMサイズで50バーツ≒175円。

その他、「豆乳」や「ほうじ茶ミルクティー」、「プレミアム抹茶ミルクティー」もあるよ。

注目すべきは「Grass Jelly Fresh Milk」。Grass Jellyっていうのは日本語だと仙草ゼリーと呼ばれていて、台湾で流行っている草で作ったゼリーのことだよ。サリーは食べた(飲んだ!?)ことは無いんだけど、甘くてほろ苦いらしい(笑)

続いて、高級なメニューだよ。

ちょっと惜しいのは、「Exclusive Menu」の下に「排他的メニュー」って書いてあること・・・。「Exclusive」は確かに"排他的"って意味もあるけど、この場合は"高級"の方がしっくりくる気がする😒

とにかく高級メニューの方は、全種類写真付きだよ✨

大きく分けると、「黒蜜」、「マグマ溶岩」、「フルーツティー」、「チーズティー」。

マグマ溶岩っていうのはチョコレートがミルクの中にとろ~っと落ちてるのが溶岩のように見えるからそう呼んでるみたいだね。

ところでチーズティーって・・・。どんなだろ・・・。

こっちの高級メニューはさ、1番安いタピオカ入り黒蜜でも80バーツ≓280円するし、高いものはMサイズでも120バーツ≓420円と結構強きな値段設定

ここまで払うなら、スタバの方が良いと思ってしまうサリーには、高級メニューの方は用無しかも。

そうそう!!今まで紹介したのはドリンクのみの料金なんだけど、タピオカなどは追加料金でトッピングする形だよ。

「黒糖タピオカ」、「仙草ゼリー」のトッピングは10バーツ≓35円、「透明のタピオカ」、「小豆」、「アロエ」のトッピングはそれぞれ15バーツ≓52円、「ココアクランブル(ココアクッキーを細かくくだいたような物)」は20バーツ≓70円でトッピングできるよ😍

甘さの調整

さてさて、ここまではタイによくあるタピオカドリンクの店と大差無いんだけど、特筆したいのは、「KAMU」では甘さの調整ができるということ。

もちろんさ、タイでは「ワーン ニッ(ト)ノイ」と言えば、甘さを控えめにしてくれるものの、控えめでもタイ人基準だから甘いのが常・・・😖

でも、「KAMU」では

甘さレベルを0%、25%、50%、75%、100%と細かく要求できるの😊

これだけ細かく要求を伝えることができるっていうのは、日本人にはありがたいよね☺

ちなみにお店の推奨は50%だけど、サリーはいつでも25%だよ。

KAMUでオーダーしたもの

友達と3人で行った時に並べて写真を撮ったものがこちら。

左側がパッションジュース+黒糖タピオカ(甘さ25%)、真ん中はココア+黒糖タピオカ(甘さ25%)、右側がカムミルクティー+黒糖タピオカ(甘さ75%)だよ~。

みんな揃って黒糖タピオカをトッピング❤何せ10バーツ払うだけだからね😍

で、ちょっとずつ飲ませてもらったけど、サリーの頼んだパッションジュースはかなりサッパリで酸味が強いから甘さ50%でも良いかなって思ったよ~。

ココアは25%だとビターだけど、良い粉を使っているのか風味が良くて美味しかった😋んでもって、ミルクティーは75%だから甘いかなぁと思ったけど心地良い甘さでこれまた美味しかったよ。

結論は、少なくとも通常メニューはどれを飲んでも美味しいってこと💯

こぼれ話

少し前に「KAMU」でBUY 2 GET 1(2個買うと1個無料でもらえる)っていうキャンペーンをやってたのね。

そのキャンペーンっていうのがこれ‼

このキャンペーンをやっていた時、ちょうどロビンソンのフードコートで3人でランチをしてから、このキャンペーン目当てでKAMUに行ったの。

でね、どれにしようとワクワクしながらチェックしてたらさ、これで選べる対象のメニューってのが最低80バーツ以上の高いメニューを2個買うと、ミルクティー+黒糖タピオカ(50バーツ相当)を1個無料っていうキャンペーンだったことにサリーが気が付いたの(さすがケチケチだけのことはあるでしょ)。

冷静に考えるとさ、いくら1個ミルクティーが無料でも1番安い80バーツのを2個買ったとしても160バーツ(実際にはみんなが飲んでみたいメニューは100バーツだった)かかるし、3人のうちの1人は好きなメニューが選べなくてミルクティーになる。

それと比較して、いつも頼んでいるメニューだとタピオカ入りでも50バーツ~60バーツ。これを3つ頼んだら高くても180バーツだから「それならいつも通り買った方が良いね」という結論に達して、プロモーションにはしなかったというできごとがあったよ。

いつでもケチケチなサリー、ナイス判断と自分で自分を褒めてあげたい(笑)

そういうわけで、プロモーションはいつでも必ず得というわけでも無いから、内容をよく見極めてね😉

次回はシラチャだけにある(であろう)、よりコスパの良いタピオカドリンクのお店を紹介するね。それでは、またね~😀

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-タイ, 旅行, 日常
-, ,

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.