コスパ タイ ブリリアント

【Novotel Bangkok Sukhumvit 20】アフタヌーンティーで事件発生!!

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

Google Mapにとある店の口コミ(評価1)を書いたら、その店の人が違反報告をしたっぽい…事実しか書いてないから、このまま表示されないようであれば注意喚起をかねてブログやInstagramに情報を載せようと思ってるよ🤨

さて、今日はバンコクでアフタヌーンティーを楽しんで来た話😃

紹介するお店の名前

今日紹介するのは、バンコクにあるホテル「Novotel Bangkok Sukhumvit 20」のロビーにある"Gourmet Bar"

ノボテルホテルと言えば、フランスに拠点があるホテル・チェーン。

フランスに拠点がある事もあり、ホテルの中にあるバーはフランス語。

Gourmet(フランス語):グルメ、食通
Bar(フランス語):酒場

という事で、今日紹介するお店は直訳すると食通酒場だけど、そのままカタカナでグルメ-バーの方がしっくり来る。カタカナって便利💕

アフタヌーンティー

実はサリーが住む街シラチャにもノボテルホテルは存在する。更に言うと、ノボテルホテルシラチャでも750バーツでアフタヌーンティーを楽しむことはできる。けど、サリーの周りのグルメな友達は皆、口を揃えて「かなり甘かった」「パンがパサついていた」などと言い、あまり良い評判は聞かないのでシラチャのアフタヌーンティーには行ったことは無い。

実際、甘いものがそんなに好きでは無いサリーは写真を見ても全然ひかれなかった。

そんな中、バンコクにあるノボテルホテルのアフタヌーンティーはサリーが大好き💕な、マンゴーにフォーカスした「マンゴーサマー」という名が付けられたもの。

甘い物はそんなに好きじゃないけど、マンゴーは大好きだから行ってみたい 🎵

行こう、行こう 🎵

という事で、行ってみたよ。

Novotel Bangkok Sukhumvit 20の場所

ノボテルバンコク スクンビット20は日本人が多く住むプロンポン駅とアソーク駅の間にある。

アフタヌーンティーの料金

さてさて、肝心のアフタヌーンティーを紹介する前に、気になるお値段を先に発表するね!!

気になるお値段は…

1セット2人用で…

650バーツ≓2,500円

ホテルだと普通ここに付加価値税やらサービス料なんかが付くのが常だけど、こちらのアフタヌーンティーの場合は全部コミコミで650バーツなので、かなりのお手頃感😁

アフタヌーンティーの雰囲気

アフタヌーンティーっていうと、今まで行ったことあるのがインターコンチネンタルとか品格があるホテルのものばっかりだったので、ノボテルのそれは他と比べると雰囲気は劣る感じ。

こちらがホテルのロビーの雰囲気。

 

第1の選択肢はこのロビーの好きな席で食べるというもの。

 

そしてこちらがグルメバー。第2の選択肢はこちらのグルメバーのバーカウンターの奥にある机で食べるというもの。

 

肝心の写真を撮るのを忘れてしまったんだけど、サリー達はこのグルメバーのカウンターテーブルでは無い普通のテーブルが1番おさまりが良くて居心地が良さそうだったので、そちらの席をチョイスした。

マンゴーサマーアフタヌーンティー

さぁ、こっからは楽しみにしていたマンゴーサマーアフタヌーンティー😋

アフタヌーンティーと言えば、まずは一緒に楽しむドリンクを決める❤…という事で、店員さんが奥から大事そうに箱を抱えてティーパックを持って来てくれた。

ホテルのロビーの空調が若干寒めだったので、温かいアールグレイティーにしようかなぁ…と思ったけど、今日はマンゴーが主役!!

紅茶以外に珈琲、そしてマンゴーシェイクが選べる!!!という事で、サリーも相方も悩んだ末にマンゴーシェイクを選んだ😘

こちらのシェイク、シロップとかで誤魔化されたものではなくて、ちゃんとマンゴーそのものを使って作られているので、めっちゃ美味しかった😆👍

そして、こちらがアフタヌーンティーセット💕

マンゴー一色で、マンゴー好きのサリーにはたまらん😍

ツナサンドイッチ

甘い物ばっかは嫌なサリーにとって、サンドイッチ類があるのは嬉しい!!パンはフワフワしており、普通に美味しいツナサンドイッチだった。

サーモンアボカド

フレッシュなサーモンが使われていて、美味しい✨

アボカドもペーストになっているので、ポロポロこぼれないし、オリーブとかが添えられていて、Good👍

チーズフライ

こちら、ナイフで切るとこんな感じ。

見た目はマンゴーに見えるけど、チーズフライ(笑)

あっ、あれ!?サリー、マンゴー一色って言ってなかった 💦

慌てない、慌てない!!これからが本番だよ!!!

ワッフルマンゴー

ワッフルの上に、マンゴーソース、そして本物のマンゴーがたっぷり乗ったワッフル、いや、ワホー

甘ったるくなくて、サッパリとしたマンゴーのソースで、ペロリとたいらげた😋

マンゴークリームブリュレ

表面がパリッパリに焼かれたクリームブリュレの上に、またまたマンゴー😍これもクリームブリュレが日本人好みの甘さだったので、美味しくてパクッと食べた。

マンゴークリームタルト

サリーの大好きなマンゴーづくしなので、テンションはず~っと上がってる📈

でも、普段から甘い物をそんなに食べないサリーはそろそろ良い具合になってきた。

そろそろお腹いっぱいだから、アレに行こうかな!!

アレね、アレ!!

事件発生

あれっ!!アレが無い!!!!

そう、サリーが楽しみにしていたアレが見当たらない…。

サリーの中ではアフタヌーンティーと言えば、スコーン

スコーンが無いアフタヌーンティーなんてアフタヌーンティーじゃないと思っている。

なのに、スコーンが見当たらない…。ちょいと最初に届けられたアフタヌーンティーセットの写真を色々な角度から撮っていたので、もう1回見てみよう。

こっちには見当たらないね…

反対側はどうかな…

スコーンに塗るブルーベリージャムとクロテッドクリームはあるけど、スコーンらしきものが見当たらない…。ちなみに下の段のクリームの横にあるのはマンゴーシュークリーム。

あれっ…スコーンは絶対にあったと思うけど、お店のアフタヌーンティーの写真を見てみるね!!!

https://www.facebook.com/NovotelBangkokSukhumvit20/photos/2787238204753095/から引用

お店の宣伝写真には確かにスコーンが載っているし、内容の記載にもわざわざ「Scone with Sweet Cream and Blueberry jam」と書いてある。

おっ、落ち着いて…クリームとジャムもあるし、きっとのせ忘れたんじゃない!?

そうだよね!!スコーンが無いって聞いてみよう!!

という事で、お店の人にスコーンが無いことを聞いてみた。こういう時は常に冷静な相方に聞いてもらった方が良い。

ここにスコーンに付けるクリームとジャムはあるんですけど、スコーンは…?(実際は英語)

すると、お店のお姉さん「ちょっと待ってね」と言いどこかに電話をしている。そして近付いて来てこういうでは無いか。

今日はスコーンはありません。

いやいやいや、記載してある商品を完璧な状態で提供できないのであれば、日本だったら商品表示法違反だぜ。いや、ここはタイ。日本の事を持ち出すのはルール違反。

サリーはちょい怒り気味にこう伝える。

サリーはこのアフタヌーンティーを2週間前に予約した上に、前日にも確認の連絡をしたよね。

と言いつつ、LINEのメッセージのやり取りを見せる。

予約をしたのに無いっていう意味が分からないんだけど…。

するとお姉さん、自分ではどうにもできないからマネージャーを呼ぶという。来るまで何分かかるか聞いてみたら、30分かかるという。

いやいやいや、時間はもう16時でアフタヌーンティーの時間は終わりだし、サリー達はこれからチョンブリ県まで帰らないといけないんだけど…。

と言うと、10分だけ待ってと言われ10分ぐらい待ったらマネージャーがやってきた。

10分で来れるんかい…

という呟きを飲み込み、まずは相方に全てのボールを託す。

このクリームとジャムは何の為にあるの?

スコーンに付ける為です。

で、そのスコーンはどこにあるの?

今日はスコーン職人が急にお休みになっちゃって…

じゃあ、これを準備した人はどんなつもりでクリームとジャムを準備したの?

相手は何も言えず、黙る。

良いぞ、相方!!その調子だ!!!

すると店員さんがこんな提案をする。

今日はスコ-ンが準備できないから、またスコーンだけ食べに来て。その時はスコーンをただで出すから。

サリー達はチョンブリ県に住んでいるからここに来るのもひと苦労だよ。

そもそも我々が海外から遊びに来ている客で明日、日本に帰らないと行けないという場合だったらどうなるの?

すると店員さんはこんな提案をした。

このショーウィンドウの中の好きなものをどれでも提供するから、スコーンは諦めて。

とにかくこれ以上何か言ってもスコーンは食べられないので、スコーンは諦めることにした。もう無いなら良いと言ったけど、マネージャーがショーウィンドウのものを早く選べとしつこく促してくるので、適当にサンドイッチを2個選んでこの話は終わった。

スコーンが無い騒動に巻き込まれてアフタヌーンティーを楽しむ感じでは無くなったので、余ったスイーツも持ち帰った(サンドイッチは別の上等な箱に入れてくれた)。

マンゴーシュークリームに、マンゴーケーキ、そして相方が食べなかったマンゴータルト。

そして…

スコーンにつけるブルーベリージャムとクロテッドクリーム…

スコーンが無いのに何故これを入れる 😠 💥

まっ、まぁまぁ落ち着いて…。

という事で、スコーンは食べることなく終わった。

行きの車の中で

ねぇねぇ、今日サリーってアフタヌーンティーで何が1番楽しみだと思う?

そりゃあスコーンでしょ!!

というクイズがネタのような形になってしまったのだった。

まとめ

今日はNovotel Bangkok Sukumvit 20のグルメバーで実施しているマンゴーを思う存分楽しめるマンゴーサマーというアフタヌーンティーについて紹介したよ🙂

同じくロビーでアフタヌーンティーを楽しむインターコンチネンタルとかと比較するとロビーが狭くて少し安っぽいこともあり、アフタヌーンティーのハイソな雰囲気はあまり無いかも…。

でも味は美味しいし、値段も2人でコミコミ650バーツとかなりお手頃なので、スコーンさえあれば満足度は高かったと思う今日この頃…。タイでは予約しても意味が無いという事を確認した勉強になった1日だった。

それでは、またね😉

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-コスパ, タイ, ブリリアント
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.