タイ 旅行

サメット島旅行記【その3】

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

サメット島旅行記その3だよ✨旅行記その3ではランチの様子を中心にまとめていくね😀

レストラン探し

チェックインも無事に終わり、時間はちょうどお昼🍴

お昼御飯を食べに行こうとGoogle Mapを開くと、近辺にはコンビニも無く、レストランも3~4軒しか無いことに気がつく。

3~4軒しか無いなら散歩しがてら全部の雰囲気を見てから昼と夜に何を食べるか決めようということになり、早速外に出た🙂

アオプラオリゾートのレストランはタイ料理からイタリアンまで一通りあるんだけど、イタリアンを食べるならル ビーマンリゾートのO(オー)レストランの方が口コミが良かったので、ル ビーマンに狙いを定めつつ、歩いてみる。

道しるべはあるけど、道は1本しか無いので100%迷うことは無い。

夜のレストランを予約

ル ビーマンを目指して歩いて行くと、隣のリゾートのレストランの表にこんな看板があった。

夜の19時半からファイアーショーをやるという看板。

そこで、サリー達はお店の人に話しかけた。

すいません。夜にここでファイアーショーがあるんですか?

あるよ!!

席の予約はできますか?

できるよ!!

と言われたので、席を予約することにした。ちなみに対応してくれたのは、お店を取り仕切っているクールな男性。

デポジットとして300バーツいると言われたので払うと、ちゃんと領収書をくれた。仕事はキッチリだ。

そこで、お店を去り際に再度、

ファイアーショーがよく見える良い席を準備しておいてね!!

と伝えたら、店員さんは

晴れていたらビーチに椅子と机を用意して1番良い席を準備しておくし、雨でも屋内の良い席を準備しておくよ。

と言ってくれた。

夜に行くレストランは決定✨

ランチはOレストラン

さて、3分程歩くとル ビーマンリゾートに到着。

Oレストランの看板もある😀

Oレストランの外観と内装

Oレストランは、アオプラオリゾートと同じく全天候型の屋外といった感じ。屋根とかの雰囲気がリゾート感たっぷりで良い。

外観

内装

Oレストランのメニュー

飲み物メニュー

食べ物メニュー

実際に食べた料理

リゾートに来たら、まずはリゾートっぽい飲み物🍹

…ということで、飲み物から。

こちらはサリーが頼んだバナナマンゴースムージー(170バーツ≓570円)

 

相方がオーダーしたフローズンカクテル「ダイキリ~あなたがセレクトした季節のフレッシュフルーツ添え~」(230バーツ≓770円)

 

サービスのパン

 

前菜として頼んだアンティパスト アオプラオベイ(550バーツ≓1,840円)

生ハムやサラミ、ローストした海老とか色々乗っていて、大満足だったよ~😆

オーダーする時に、メニューに550バーツと1,100バーツの2種類あったから店員さんに2人で550バーツだと少ないかを確認したら、

550バーツので十分大きいよ!!

と言ってくれたので550バーツの方にしたよ。

毎度おなじみの計測アプリで計測したら、ドドーンと34cmのお皿にたっぷり載ってたから、3人ぐらいまでなら550バーツの方で十分満足できると思う😁

そして、そして、サリーが途中でサービスのパンの上に前菜をのっけてなんちゃってブルスケッタを作ったら(ケッパーとオリーブがアクセント)

相方がそれを横目で見ながらマネをし始めて、

俺が作ったのも見て、見て~!!

と言い始めた。

ケッパーやオリーブにプラスしてトマトやアーティチョークが追加されてよりオサレになっていた😆

褒めて欲しいオーラ全開だったので、よ~く褒めておいたよ(笑)

そして、追加でビール(110バーツ≓370円)

リゾートということでお洒落に決めていたけど、やっぱりビールが落ち着くらしい(笑)

そうそう!!サリー達がOレストランに行ったら、スピードボートやソンテウが同じだったお友達家族がOレストランでランチをしていて、ワイン2杯目だと言っていた🍷🍷

みんなリゾートを満喫してるね😁

 

そして次の料理が黒トリュフのリゾット(500バーツ≓1,670円)

トリュフの香りが逃げないように、席までは透明の蓋付きで持って来てくれたよ。

全くインスタ映えしない地味な見た目だけど、サリーと相方はトリュフを食べる為だけにクロアチアに行くぐらいトリュフ好きなので、トリュフ料理を見つけたら頼まない訳にはいかないの😆多分トリュフ中毒だな(笑)

 

そして、ピザ🍕

実はOレストランにはピザ専用の石焼き釜がある

その場で生地を伸ばしてくれて石焼き釜で焼いてくれるピザ、絶対美味しいに違い無い😋…ということで頼んだのがクアトロ スタジオーニピザ(440バーツだけどプロモーションで10%OFFなので、336.45バーツ≓1,120円)

クアトロはイタリア語で4、スタジオーニはイタリア語で季節を意味するこのピザは4つの季節という名にふさわしく4つの味が楽しめるのが魅力✨

サリーと相方好みのクリスピー生地だし、アツアツで美味しかったよ😆

そんなこんなでお腹いっぱいになり、ランチは終了。

レシートはプロモーション中で10%OFFのピザとそれ以外で分かれて出てきて、お会計はサービス料等も含めて合計1,956バーツ≓6,500円。

旅行中は食べたい物を食べ、一切けちけちしないのがサリーの方針なので、美味しい料理をお腹いっぱい食べて大満足だよ😆

ちなみにル ビーマンとアオプラオは同じ系列なので会計はチェックアウトの時にまとめてできるよ。財布を持ち歩かなくて良いので便利だけどいくら使ったのか実感が湧かないパターンだねw

こぼれ話

スムージーのメニューを見ていたら、

あっ、メロンスムージーがある(上から2個目)

となったサリー。ところが相方から

ちょい待てい!!

と止められた。よく見たら、メロンアイランドと書いてある下にFresh Watermelon(新鮮なスイカ)と書いてある。

サリーの中ではスイカとメロンって雲泥の差なんだけど…気付いてくれて良かった。コンラッドホテルでのKENさんとのやり取りを思い出したよ(笑)

まとめ

今日はランチで行ったOレストランについてまとめたよ😀

Oレストランはメニューの種類も多いし何を食べても美味しかったので、もしアオプラオ付近に2泊することになっていたら、2日連続で行っていたと思う✨

リゾート地って高いだけで美味しく無い店も多いけど、Oレストランは料理は美味しいし店員さんも英語がペラペラで、サービスもちゃんとしていて大満足の時間を過ごすことができたよ😊

次回は、ランチ後とディナーについてまとめて紹介する予定だけど、間に1~2個時事ネタを挟むね😉

それでは、またね✨

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-タイ, 旅行
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.