タイ 料理 日常

シラチャでシーフード!!【うみのなか】

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

いや~、1月、2月は何をしていたかも記憶に無いほど忙しかったけど、ようやく少し落ち着いた今日この頃…気が付いたら3月になってる😲

3月はブログをたくさん書きたいと思っています😄

今日は、シラチャでシーフードを楽しめるお店について紹介するよ🦑

お店の名前

今日紹介するお店は、タイ語で「ร้านครัวบ้านกลางทะเล

ร้าน:
ครัว:台所
บ้าน:
กลาง:中心、真ん中
ทะเล:

ということで直訳すると「海の中心にある家の台所」…分かるような、分からないような…(笑)

一応看板には日本語で「うみのなか」と書いてあるよ…これまた分かるような、分からないような…

うみのなかの場所

うみのなかの場所はこちら。

友達のお話によると最初にGoogle Mapで登録されてから場所が移動したらしいんだけど(1本隣の道路にズレた)、地図は古いままだったのでサリーが正しい位置に修正しておいたよ(恩着せがましい)😁

うみのなかの外観

うみのなかの外観…というか入口。

木でできたお店までの歩道が、レストランに行くワクワクを増長してくれる🎵

で、てくてく歩いて行くと、10歩程で入口に到着。

家の外観を撮りたかったんだけど、外壁やら何やらかんやらで全貌を撮ることはできず…。

あっ!!入口にはタイ人に必須のインスタ映えスポットもあるよ。

なんか左にある黄色のお面とか、色々手作り感があって心が和む😊

うみのなかの営業時間

うみの中は毎日10時~22時に営業しているよ✨

うみのなかの内装

続いて、うみのなかの内装…って言ってもオープンエアな感じでエアコンが効いた席は無いよ~。海の潮風が気持ち良い😆

ほとんどは屋根ありの席で、満潮時は建物の床下まで海が来るので、まさしく「うみのなか」にあるレストラン。

1番先の方の席は屋根が無くて日差しが当たるから昼間はかなり暑いかも!?夜はこっちの席の方が気持ち良さそう🌴

席の向こうに広がるのはシラチャの素敵な!?海!!!

うみのなかのメニュー

うみのなかのメニューはこちら。

全てのメニューに日本語+写真があるのがマジでありがたい😊

実際に食べた料理を紹介

ここからは実際に食べた料理について紹介するね🍴

蟹チャーハンLサイズ:180バーツ≓635円。

どのサイズにしようか話していて、みんなが

Mサイズで良いんじゃない!?

という中、サリーは

値段的にはLサイズが得じゃない!?

と。

だって、Sサイズ→Mサイズは70バーツプラス、Mサイズ→Lサイズは30バーツプラスなの。

でもまぁ残したら本末転倒だからMサイズでも良いかなと思った所、お店の人から

6人いるしLサイズが良いと思うよ。

という助言もあり、Lサイズを注文。

Lサイズを参考までに計測しておいたから、今後行く方は下記のサイズ感を参考にしてみてね

チャーハンはパラパラしていて普通に美味しかったよ。6人で残さず食べ切れたよ😁

イカの塩漬け卵炒め:200バーツ≓700円。

サリー勝手に「イカの卵」が食べれるんだと勘違いしてたら、「イカと塩漬け卵(カイケム)の炒め物」だった(笑)

イカの卵じゃなくて鳥の卵🥚

ちなみにこれの海老バージョンも同じ値段なので、悩んだ時はイカでも海老でも好きな方を頼んでみてね。辛くないよ。

四角豆のサラダ:150バーツ≓530円

タイではポピュラーな四角豆のサラダ。若干辛かったけど、サリーでもなんとか食べれたよ。プリップリの海老がのってるよぉ🦐

次、トムヤムグン:250バーツ≓880円。

6人で分けると小さい湯飲み茶碗ぐらいの大きさの器に1杯ぐらいずつあって、ちょっと楽しむのに良い感じ😆

ココナッツ入りにしたけど、辛すぎず美味しかったよぉ🎵

ちなみにトムヤムグンに関しては別のエピソードもあるんだけど長くなるので、また今度(笑)

グンオップウンセン:200バーツ≓700円

立派な海老が入っていて、春雨もたっぷりで決してまずくないんだよ!!でもやっぱり前に紹介した屋台のグンオップウンセンの方が美味しいなと感じて言ってみたら、

うちの夫も同じこと言ってた~!!

って賛同してもらえて嬉しいサリー😍あの記事にも書いたけど、あのおっちゃんのグンオップウンセンを抜くグンオップウンセンは無いと思っている✨

まだまだ続くよ。トートマングン:150バーツ≓530円。

6人いるので2皿頼んだよ。写真はそのうちの1皿。

あっ、トートマングンっていうのは海老のすり身揚げのこと。

友達が

ここのトートマングンはマジで美味しいの!!

と話していたように、肉厚で、マジで美味しかった😋

そして最後がプーパッポンカリー:300バーツ≓1,050円。

蟹のカレー炒め。ソンブーンに負けず劣らずの美味しさで、ソフトシェルクラブだったので、食べやすかったよ😆

そんなこんなでこれらの料理にソーダ4本と氷代も入れてお会計は1,710バーツ。6人で割り勘したので285バーツ≓1,000円のランチでした。

Special Thanks

「うみのなか」はシラチャ市場からも少し離れた辺鄙な場所にあるんだけど、お友達が行きも帰りも車を手配してくれたので、全く汗をかくことなく快適に移動することができた🚐

いつも本当にありがとう💕

まとめ

今日はシラチャでシーフード料理を楽しめる「うみのなか」について紹介したよ🙂

シーフード料理なので普段のランチと比べると多少高くなるけど、1人1,000円でこれだけ色々な物を食べることができて大満足🎵日本だったら倍の値段を払ってもこれだけの品数を楽しむのは絶対無理だと思う。

たまに「バンコクは都会で色々なお店があって羨ましいなぁ」と思うこともあるけど、美味しいシーフード料理を手軽に食べれるシラチャも負けず劣らず良い町だと実感したサリーでした😄

それでは、またね😉

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-タイ, 料理, 日常
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.