タイ 日常

田舎道の先にある隠れ家カフェ【SUKREEP CAFE】

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

昨日からチョンブリ県はダークレッドになってしまったので、ステイホーム(得意)を守ってるよ~😁今回のダークレッドをきっかけにサリーの周りでは一時帰国や本帰国する人が続出しているよ😢早くコロナ落ち着け!!!!

今日は、少し前にお友達とランチした隠れ家的なカフェを紹介するね✨

紹介するお店の名前

今日紹介するお店の名前は、「สุครีพคาเฟ่

สุครีพ:スクリープ
คาเฟ่:カフェ

ということで、スクリープカフェ。

「スクリープ」というのは王様の名前。もう少し詳しく説明するとラーマキエンというタイの古典文学に出てくるキートキンという国の王様の名前。

はい、聞いた事無い言葉が並ぶと難しく感じるマジック発令(笑)

スクリープカフェの場所

スクリープカフェはバンセン方面のバンプラ辺りにある。

以前色々なテイストを楽しめるアートなカフェとして紹介した「MUGUET De Cafe' & Artspace」のそばだよ。

スクリープカフェまでの道のり

サリー達はロビンソン前からソンテウに乗車して、お店に向かう入口がある辺りのスクンビット沿いで降りて、そこから歩いたよ。

ソンテウは10バーツで良い気もしたけどちょっと気持ちを含めて12バーツ払った。帰りは10バーツにしたよ😁

で、スクンビット沿いを降りてからの道のりはと言うと…

道を入った瞬間から、田舎を思わせる超ローカルな雰囲気。でもこういう雰囲気、好き😍

途中不安になりそうなタイミングで看板があるも、木が邪魔して看板には気が付かず。

看板に気が付いたのは帰り道(笑)

更に歩いてたら、途中で飼い犬が吠えてビックリした所に、その声をききつけて大きいノラ犬が後ろを付いてくるから、3人で、

絶対後ろを振り返っちゃ駄目~!!!

焦らず、焦らず…

目を合わせないようにしよう…

と、ドキドキしながら歩いていたら途中でいなくなっていた。

最終的には未舗装の道路になり、この奥にお店がある。

知らなきゃ絶対来れないし!!!

スクリープカフェの雰囲気

あっ…あのね…外観を撮るのを忘れちゃった(笑)

もう絶対にお店が無さそうな不安な状態から、お店を見つけた安堵感でいっぱいで、更にはお店のおばちゃんがすぐに席に案内してくれたのもあって、外観を撮るのを忘れたけど、外観ってほどの外観は無かったよ。

なんか建物らしきものがあるから、多分あそこかなぁ!?

ってな感じ。

Google Mapが正確だから、Google Mapを信じて突き進むのみ。

外からは、こちらのカウンター風の小屋の裏側が見えるよ。

で、雰囲気はと言うと…

あら、素敵!!

新型コロナのこの時期でも安心!!!

ソーシャルディスタンスが保たれた蚊帳風の席あり。

 

1番奥には独立している屋根付き、扇風機付きの大テーブルあり。

 

何人でもどんとこいのスペースあり。

 

そしてブランコ付きの席もある。

 

インスタ映えスポットはこんな感じ。

となかなかに雰囲気が良い場所😍

ちなみにこちらのカフェ、夜になると更に雰囲気が良いみたいで、お店のFacebookページから借りた写真だとこんな感じでより一層雰囲気が良い✨

引用元:お店のFacebookページ
引用元:お店のFacebookページ

スクリープカフェのメニュー

スクリープカフェのメニューはこちら。

オールタイ語…この日行ったメンバーは全員タイ語を読めるメンバーだったので、メニューを見ながら何を頼もうかワイワイと話しながら決めた。

よ、よ、要望があれば訳しますよ…💦

ドリンクメニューは英語もあるので、楽チン😍

実際に食べたもの

ここからは実際に食べたものを紹介するね。

まずは水。1本20バーツ≓67円。

続いては料理。

ガパオシーフードwithライス:70バーツ≓235円

もちろん辛さは控え目。

写真とは裏腹に海老は4匹入ってたし、イカもお洒落に切ってあったしで、美味しかった😋

 

フィシュ&チップス:99バーツ≓330円

こちらも大きめのフィッシュフライ2切れにポテトが付いていて、美味しかった。

帰ってから相方に、

フィッシュ&チップス頼んだら、ポテトチップじゃなくてフライドポテトが付いて来たんだけど…美味しかったから良いけどね。

と伝えたら、

フィッシュ&チップスのチップスはフライドポテトの事だよ。

と言われ、衝撃を受ける!!!!

念の為調べてみたら(信じてないわけじゃないよw)、イギリスでは

フライドポテト:チップス
ポテトチップス:クリスプス

と呼ぶらしい。サリーの中ではチップス=ポテトチップスという単純な式だったんだけど、日々学ぶことばかり📝

エヘン

ヌアヤーン スクリープ:120バーツ≓400円

ヌアヤーンっていうのは、牛肉を炙り焼くってこと。

でね、ここでね、サリー達3人はとんでもない勘違いをしていたことに気が付く😱

メニューには、สุครีพって書いてあったの。でね、って似てるじゃん。
でね、サリー達、สุดรีพ(ストリップ)だと思って、ストリップステーキだと思い込んでたのよ(タイ文字が読める人は分かってくれるはず…)

なんならストリップステーキは固そうか柔らかそうかとかそんな話までしてたの。でもね、出てきたのがどうもステーキっぽく無いからもう1回よく見てみたら、ヌアヤーン スクリープって書いてあって、店の名前が付けられたメニューだって事が分かったの(笑)

結果的には、肉は柔らかかったし、何よりもついてきたタレが旨辛で美味しくて大満足だったんだけど、いや…やっぱり人生は日々勉強ですな📝📝📝

サリー、普段は割とこういうタレは付けずに食べることが多いんだけど、

美味しいから食べてみて!!

という声に後押しされて付けてみたら、マジで美味しくて感動。

やっぱり持つべきものは友よね💕

ちなみにこのタレはจิ้มแจ่ว(チムジェオと読む)という名前のタレでイサーン料理なんかによく付いてくるポピュラーなタレだと教えてもらった(自分用メモ)😁

まとめ

今日は田舎道の先にある隠れ家的なカフェについて紹介したよ😃

料理がどれも美味しくて、家の近くにこの店があったらお洒落とか関係無くリピートしたくなるお店だった✨

本当はFacebookで事前に見たステーキ的なのにもチャレンジしたかったので、コロナが落ち着いた頃にまた行ってみようと思う。

それでは、またね😉

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-タイ, 日常
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.