タイ 旅行

LalaMukha(ララムカ)でグランピング~カオヤイ旅行⑤~

投稿日:

こんにちは、サリーだよ🙂

昨日疲れて気が付かないうちに寝ちゃったら、寝言で

爪切るのを忘れたぁ

ってつぶやいてたらしい。その直前に爪を切った相方はドキッとしたというどうでも良い話でした(笑)

さあ、今日はまたカオヤイ旅行に戻るね!!

今日はカオヤイ旅行で宿泊した施設について紹介するよ⛺

LalaMukha(ララムカ)の場所

今回宿泊したのは、LalaMukhaという名前の施設。ララムカと読むよ。以降はカタカナでララムカって書くね。

場所はこちら。

先日紹介したグランモンテワイナリーからだと距離にして13Km、車で15分の場所にあるよ。

ララムカの特徴

ララムカの1番の特徴は、ただのホテル🏨ではなくてグランピング施設⛺だということ。

グランピングっていうのは、グラマラス(魅力的)なキャンピングという意味の造語。

普通のキャンプはテントを設営して、食事の為に薪をくべて、更には虫と戦いながら、時にはムシ暑さを体全体で感じながらっていう、体力が勝負となる💪

でもグランピングだと既にテントは設営してあるし、レストランが併設されている事も多く、エアコンも完備されていて、時にはテレビもあって、キャンプ気分を手軽に味わう事ができるという事で、最近日本でも人気上昇中📈

今回カオヤイ旅行をするにあったって、ホテルが良いかグランピングが良いかを相方に尋ねたら、元ボーイスカウトの血が騒いだのか(笑)、

グランピングが良い!!

と即答だったので、ララムカを予約したよ。

チェックイン

さあ、そんなこんなでワインを飲んで運転ができない相方を助手席に乗っけて🐶運転すること15分。

無事にララムカに到着した。

チェックインは味のあるオープンエアの建物で行う。

パスポートを渡して、

こんな素敵な待合室で待っていたら(この木の椅子が見かけに反して座り心地が良い)、

ウェルカムドリンク登場🥤

このドリンクは、タイでよく出てくる甘いお茶にショウガを混ぜたような味で、普段サリーは甘いタイプのお茶はスルーするんだけど飲み干してたのを見て、相方がビックリしていたよ(笑)

そうこうしてドリンクを楽しんでいる間に、フロントの方が鍵などの説明をしてくれる。

グランピングセット

渡されたセットがこちら。

中には、

右上から時計回りに
●テントの施錠に使う南京錠の鍵
●耳栓(2セット)
●施設全貌が書かれた地図
●部屋番号が書かれたゲートキー

が入っていた。

宿泊者だけが施設内を散策できるようにセキュリティ対策がされていて、施設内を歩く時は部屋番号が書かれたゲートキーを持ち歩いて、こんな感じで使うよ。鍵が逆さまなのはご愛敬(笑)

サリー達のテント(トイレとかが付いていない1番安いタイプ)は道路に面していて時々車が通る音がしたから、その音が気になる人が耳栓を使うのかな!?サリー達はどこでも寝れる体質なので耳栓無しで快眠だったよ💤

いよいよテントへ

チェックインもスムーズに終わって、車に荷物を取りに行ったら専用カートが待機していて、このカートに荷物を乗せてテントまで送迎してくれたよ。

あとで分かったんだけど、部屋までめっちゃ近くて全然歩けたよ(笑)

むしろ帰りはカートを呼ぶのが面倒で、自分達で荷物を運んだし😅

でもリゾート気分を味わうことができてありがたいよね🎵

テントに到着する前にトイレとかシャワーを浴びる建物も案内してくれて、いよいよテントに到着。

テントの上にはちゃんとした屋根があるので、これなら雨が降っても安心、安心😊

テントの中

テントは入口が二重構造になっているので、まずは外の明かりをゲットする為に入口を網戸仕様にチェンジ!!

そして蚊が入らないように、すばやくテントの中へ。

手前には大きなソファ。

このソファにはテントならではの難があって、後ろにもたれると壁はテントなので、テント全体が揺れる(笑)こんなのもキャンプらしくて良いよね😆

テントの反対側にはテレビや冷蔵庫がある。

普通キャンプでテレビとかありえないけど、グランピングはサバーイ、サバーイだわ✨

尚、この日もバンヤンツリーの時と同じく浦和レッズの試合があったので、テントの中でサッカー観戦をした⚽

そうそう、こんな感じでソファの壁もテレビの壁も網戸状態にできるよ。

けど、ご覧の通りに隣のテントと結構近いから中が丸見えになるけどね(笑)

そしてベッドルーム。

シマウマがキャンプ気分を盛り上げてくれる🦎

寝室にはエアコンもあるので、サバーイ、サバーイだよ✨

その他、部屋にある食べ物や飲み物は全て無料という事で、ますますテンションが上がる😆

冷蔵庫のお水、コーラ、スプライトも無料。

パックジュースも無料。

瓶に入ったお菓子も無料。

無料って良い響きだよね 🎵

あと、部屋にある帽子掛けが超便利で、カバンとか色々な物をここにかけてたよ。

ララムカの部屋タイプ

ララムカには大きく分けて3種類のタイプの部屋がある。

1つ目はサリーが泊まった1番安いエコサファリテント。

こちらはテントの中にトイレとシャワーが付いていないので、トイレとシャワーを利用する際は共同施設まで移動する必要がある。

続いては、デラックステント。

写真では伝わらないと思うけど、こちらのテントはトイレとシャワーも付いているのもあって、かなり大きい。

自分達のテントを見た後にこちらのテントを見ると、「コテージか」と思うぐらい大きかったよ。

ちなみにエコテントとデラックステントの値段差は2千円ほど。

別に2千円をけちりたかった訳じゃなくて、カオヤイに行こうと決めたのが2週間ぐらい前だったから、エコテントしか空いて無かったんだよ。

2千円の差ならけちけちなサリーもデラックステントをすすめるよ🙂

そして最後!!これはもはやテントじゃないよ!!!

誰もが憧れるであろうロフトハウス🌲

大家族でも余裕で泊まれるし、1F部分にくつろぎスペースもあって良さそうだったよ😃こちらはベースが4人分の朝食付きのプランとなっていて、デラックステント+1万円ぐらいだよ。

共同のトイレ&シャワー

サリー達はエコテント泊だったので、近くにある共同のトイレ&シャワー施設を利用したよ🙂

なので、そちらの施設についても紹介するね。

トイレやシャワーが使える建物の外観はこんな感じ。

入口を入ると共同の手洗い場がある。

トイレ。こちらも綺麗で快適✨

そして、シャワールーム。

シャワーも3~4個あった。

それぞれ個室で
●鍵がちゃんと閉まる
●脱衣所あり
●脱いだ服やタオルを置く台あり
●シャンプーとボディソープあり(しかも超良い香り)
●湯も出る
という感じで、オーストラリア旅行の震えるシャワータイムとは違って超快適😊

こんな快適なキャンプなら何日でも大丈夫😆

シャワーから出た後も快適で、クーラーの効く(リモコン操作は自分でする)部屋で、

手を洗ったり、髪を乾かしたり(ドライヤー完備)することができた🙂

更に鍵のかかるロッカーなどもあって(ここにシャワーキャップなども置いてある)

至れり尽くせりの施設だったよ😆

インフィニティプール

ララムカには、インフィニティ風のプールもあるよ。

オーストラリア旅行の時に行った自然のインフィニティプールと比べると小さくてちょっとショボめだけど、時間があるなら利用するのもありかも!?

プールの手前にのんびりくつろげるスペースがあったよ。

その他、ハンモックや

吊り橋

キャンプファイヤーができる場所(実際にできるかは不明)もあって、最高のキャンプを楽しめる準備が整っていた。

まとめ

今日はカオヤイ旅行で利用したララムカの施設について色々と紹介したよ🙂

長くなってしまったので御飯関連はまとめて次回書くね。

ララムカはグランピング施設としては最高の施設。ただあくまでもキャンピングなので、
●部屋は常にムーディー(つまり暗い)
●Wi-Fiはほぼ使えない(ロビーでは使える)
など、不便もあるのを忘れずに😉

キャンプ好きのサリーと相方にとっては、最高の施設だったよ✨

それでは、またね🙂

にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、上記のボタンをポチッと押して応援してもらえるととってもとっても嬉しいです💕

-タイ, 旅行
-

Copyright© けちけちサリーの日常~だけどブリリアントな日々~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.